雑用の会発足



雑用の会とは

1997年に無為療法を開始以来、斎藤に続く神経症脱出者を待望して来ましたが、つい最近まで、斎藤以外には神経症治癒に成功した人はいませんでした。しかし、過去1年間に続けて3人も、斎藤が神経症の外に出たと判定できる人が出て来ましたので、ここに雑用の会発足を宣言します。

雑用の会とは、無為療法の基本である、治す手段の模索の完全停止と、動き即ち雑用を忠実に実行する会です。雑用の会メンバーは、必ずしも今、神経症を完全に解決している必要はないが、将来”神経症”が死語になる時が来ると期待される人たちです。

神経症とは単なる人生の問題ではなく、人生を根本から破壊する恐ろしい精神病です。遺伝子により、我々の脳の構造が健康な人より危うい構造に出来ているために起きていると考えます。それ故、神経症者が心から望んでいる、今直ぐ完治根治は望むべくもなく、5年、10年、そして20年かけて脳を安定化する長期の取組が必要になります。

斎藤は、人生の大転換を果たしてから既に23年が経ちますが、20年前の頻繁なフラッシュバックは影を潜め、対人恐怖、異性恐怖は今や死語になっています。脳の構造欠陥から起きている病気にしては、理想的なまでの回復と言えるでしょう。

雑用の会のメンバー4人(2016年5月31日現在)
  • 斎藤
  • 走る男
  • あゆ
  • ヨッシー
メンバーの特徴
  • 雑用と動きを重要視する。
  • 神経症者と意見が合わない。
  • 神経症者との会話を好まない。
  • 人に人生相談的指導をしない。
  • 療法談義をしない。
  • 掲示板の発言が穏当で常識にあふれ、社会で重要な役割をしているのがうかがわれる。
  • 森田療法を始め、全ての療法を否定する。
  • 学歴、地位を自他ともに言わない。
  • 屁理屈を嫌う。
  • 禅の悟りが分かる。
  • 「無」を言葉で説明することを拒否する。
  • 現在は完璧でなくても、何れ将来治癒が達成できると楽観している。
何故雑用の会のメンバーは、神経症者との語らいを嫌うか。
神経症者は意識で生きる人達で、雑用の会のメンバーは無意識で生きる人達だからです。無意識で生きるとは、そこに言葉があってはならない。雑用の会のメンバーは言葉のない生活、無意識がリードする生活こそが健康世界と信じているから、当然言葉を求めている人に会うと距離を置く。

神経症者とは言葉に生きる人達です。彼らは一日中自己対話を繰り返していて、言葉の消滅を極端に怖がる。この言葉を求める人と、言葉を拒否する人が会って会話をすると、互いに不信感が増す。

健康世界では、意識と無意識のバランスが絶妙に保たれているから、人は無意識の有難さが分からない。無意識の重要さに気づくとは禅で言えば悟りであり、神経症で言えば神経症の外側に出る事を意味します。では、神経症が治った者が神経症者に神経症の外側を説明できるだろうか。それはできない。何故なら説明すべき無意識がつかみどころがないからです。

禅では修行僧に悟りを経験させるために、禅問答と言う珍妙な手段を考え付いた。素人には全然分からないが、悟りを開いた者には分かる。無為療法でも禅問答に類似した課題を彼らに課す。即ち、立ち上がり黙って雑用をせよと命令するが、言葉のない世界を恐怖する神経症者はこれが出来ない。



ホームページへ