無為療法 禅の講義


鈴木大拙「禅仏教入門」から
禅は絶対の自由を求め、神からの自由さえも求める。「無所住」とはまさにこの謂いでなければならぬ。「仏と語っただけでも、口を濯いでおけ」と言われるのも、これと同じ意である。
神経症者の中には、とうとうと仏教を語る者がいる。私はこれを許さないのだ。別に自分に仏教の知識がないから嫉妬している分けではなく、禅の本質、神経症の治りからは遠いからである。
「仏と語っただけでも、口を濯いでおけ」であり、絶対の自由を獲得したものには神からも自由なのです。
同じく雑用からも自由である。体が勝手に動くのに何故雑用を唱えなければならないか。健康世界から見ると不自然極まりない。



ホームページへ