無為療法 禅の講義


鈴木大拙「禅仏教入門」から
禅は何を教えるのだと聞かれたら、禅は何も教えはしない、と私は答えるであろう。禅に何らかの教えがあるとしても、それは各人の心から出てくるものである。われわれは自分みずからが教えるのであって、禅はただ方向を示すだけである。そしてその方向指示をもって禅の教えとする以外には、たぶん禅には、わざわざ基本教理だとか、基礎哲学だとかいって挙げるべきものは何もないわけである。
鈴木大拙の言葉はいつも無為療法によく一致する。
私も今まで神経症者から長く質問を受けてきましたが、それらに答えたことが一度もない。神経症の治りはすべて各人の心から出てくるものであって、決して指導者がこうだと教えるものではない分けです。無為療法はただ方向を示すだけであり、方向指示をもって神経症治療は完結するのです。

アインシュタインが宇宙のエネルギー基本原理をE=mc²のような、簡単な方程式で示したように、ほとんど不可能に見える神経症を治す方法も、わずかに方向を示すだけであったのです。しかも生活の変化は一瞬の内に起こる。



ホームページへ