無為療法 禅の講義


「道元」松原泰道著から
"禅門では、本覚の仏性を信ずる「信」と、なぜ自分には分からないかという「疑」と、この疑いを晴らすべく努力精進する「進」を修行者が欠かしてはならない三項目に挙げます"

これを神経症に当てはめると、人は皆人生を楽しんでいるから自分も楽しめて当たり前だと信じる「信」と、それなら何故自分だけが楽しい会話に入っていけないかの「疑」、では治してやろうの「進」があり、神経症者の生活は禅寺の修行者と大変似ている。

神経症者の場合の「信」と「疑」は敢えて言わなくても誰でもしていますが、問題は「進」であり、神経症者全員が間違った方向に努力を開始するため、大半の人が神経症で一生を終わってしまいます。

何故間違った方向の努力をするか。理由は脳に問題が生じていて、脳が健康でないために判断を間違えます。我々にもし脳が2つあるなら、一方の脳が判断を間違えても、もう一方の脳が間違いを指摘しますから、30年、50年の無駄をすることは考えられないでしょう。

なら、どうしてこの迷路から脱するかですが、禅と同じく悟りの境地に達した人に指導をしてもらう必要があります。禅では煩悩を断ち切る努力を放下し、ただ単に座禅することを命じられます。無為療法では一切の屁理屈を停止して、直ちに自分の目の前にある雑用を開始することを命じます。

雑用をしたら神経症が治る確証は与えない。何故なら、貴方はもう神経症を治す努力を停止したのだから、治る確証は必要ないはずです。



ホームページへ