無為療法 禅の講義


鈴木大拙「禅仏教入門」から
瞑想にふけるためには、人間は自己の思いを何物か、例えば神の唯一性、あるいは神の無限の愛、または諸行無常といったことに固着させておかねばならないのである。
しかし、これこそまさに禅の欲せざるところである。禅が強調したい点がもしあるとすれば、それは自由を獲得する事に他ならない。
すなわち、あらゆる不自然な束縛から自由になる事である。瞑想とは一種の人工的強制であり、本来の精神活動に属すものではない。
空の鳥は何を瞑想するであろうか。水に泳ぐ魚は何を瞑想するか。飛び、泳ぐだけである。それで十分ではないか。
これを読むと、神経症者は上の反対をしているのが分かる。
鈴木の所で「天上天下唯我独尊」と叫んだ患者は、まさに大拙が言おうとする反対をしている。同じく、無為療法で、雑用に突き進む人、あるいは鈴木大拙を繰り返し読んで、頭に明記しようと努力を開始した人も同様だ。

神経症が治るとは自由の獲得であり、不自然な束縛から自由になることである。雑用を必死にやるは人工的強制であり、本来の精神活動に属するものではない。



ホームページへ