無為療法 禅の講義


鈴木大拙「禅仏教入門」から
釈尊は生まれるや否や、片手で天井を指し、今一つの手は地を指して「天上天下、唯我独尊」と叫んだとされている。この点に関して雲門宗の開祖雲門文えんは言う。
「釈尊がかく言ったとき、もし自分がそこに居合わせたら、自分は一撃のもとに彼を殺し、その死体を飢えたる犬の顎へ捩じ込んでやったろうに」と激しく一人の精神的指導者をののしっている。
禅の本質は、一瞬の動きを追及し、言葉で説明することを拒否する。体が動く時、心が動く時、自分と世界が一体となって転がり始めると禅は見ているからだ。故に、「天上天下、唯我独尊」のような、言葉を求める態度を厳しく攻撃する。同じように、自由自在な心の引き出すため、無為療法も「天井を見ていないで直ぐ雑用をしろ」と言う。

しかし、殆どの神経症者は、スッキリ解決する言葉を見つけるまでは自分は動かないと宣言しているように、今日も情報を読み続ける。



ホームページへ