無為療法 禅の講義


鈴木大拙「禅仏教入門」から
空手にして私は行ったのに、鋤がわが手にあった。
徒歩で行ったのに、しかも牛の背に乗っていた。
私が橋を渡らんとしたとき見よ、水は流れず、橋が流れていた。

私が最初にこの偈(げ)を読んだときに、あまりにも突拍子もないことを言うので、一体禅とは何だ、鈴木大拙とは何たる人間かと考えたのですが、よく考えてみると自分自身に起きていた。

今から30年も前のある晩に、もう金輪際神経症を治す努力はしない、森田療法の本は絶対読まないと決意して5年も経った頃だろうか、対人恐怖、異性恐怖の治療願望は頭の中から消えていた。

すなわち、人に会った時の会話は意識せずして既に終わっていて、女性との会話で成功したときの喜びは意味を失っていた。鋤を求めている最中は永遠に手に入らなかった鋤が、手放した瞬間に既に自分の手の中にあったわけです。



ホームページへ