無為療法 禅の講義


鈴木大拙「禅仏教入門」から
”われわれがそれを詳細に、あるいは体系的に考究せんとして、それを手中に握りしめようとあがきはじめたとたんに、それは逃げ去り、その跡をもとどめていないのだ。 禅はいまいましいまでも逃げ上手である。”
私の禅の講義を定期的に読んでいる人がかなりいると思う。中には総てのファイルを見せてくれという人もいる。それはそれでうれしいが、神経症を治すと言う意味では良くない。
神経症の治りは禅の悟りと同じで、体系的に考究し手中に握りしめようと努力をしたとたんに逃げ去り、いまいましいほど逃げ上手なのです。

私は神経症の治りは一瞬であると言う。だから体系的に考究する対象ではないし、握りしめるものでもない。悟りは一瞬にして通り過ぎるが、生活の中でバックボーンとして我々を支えている。しかしそれを言葉で表現しよう、人に伝えようとした瞬間に消えてなくなる。

ではどうしたら人に神経症の治りを伝えることができるであろうか。それは禅問答のごとく、非合理の極に到達しないとならない。まず立ち上がれと言う。台所には汚れた皿があるだろうから洗ったらどうかと言う。所が神経症者は立ち上がるすっきりした理由を発見するまで立ち上がれない。

その悪い連鎖を断ち切って立ち上がった瞬間が、後から考えて悟りの一部であったと分かる。



ホームページへ