今日の言葉

                 ホームページへ

脳深部刺激療法を翻訳して      2022/12/1


アメリカからの肥満問題を見ていて、400kgの体重までなった人たちとは一体何なのかと今まで思っていたのですが、これが脳の異常信号によるのだと気が付いたわけです。
彼等はやめようと思っても過食が止まらない。患者の一人がこれは努力ではどうにもならないと言うのに印象を受けた。この研究では脳深部の側坐核から異常信号が出ているとしている。

私は神経症の問題も超肥満の解決の難しさに似ていると思った。
神経症の異常な治療意欲は肥満症の人のメチャ食いが止まらない現象に非常によく似ている。
神経症の場合、多くが治療行為に問題があると認識していると思う。しかし治療行為を止めることが出来ない。どう努力をしても気が付いたら治療行為をしている。

肥満症では脳深部刺激療法で問題の脳に電気信号を送って異常信号を停止させることに成功した。
神経症も将来はこのようにしないと根本解決は難しいと私は見る。私の場合、意思の力で強迫的治療行為を停止させることに成功しているが未だ100%と言う自身はない。
心の治療とは脳と言うコンピューターの治療であるから簡単ではないわけです。



人生の過ち       2022/11/26
 

われわれは小学校の頃から試験試験で煽られたため、失ったことが沢山ある。その一つは頭の良い人絶対主義だ。われわれが学ぶべきは頭の良い人から学ぶのではなく、うまく行った人から学ぶ事だ。

神経症の世界では一時期加藤諦三が流行ったことがあった。あんなくだらないものと私が言うと、加藤諦三は早稲田大学の教授だと反論する。
これうまく行った人から習うのではなくて、頭の良い人から習うでしょう。加藤諦三は文章が上手い。精神分析の知識を駆使して説明しまくるが、それと神経症を治したは別の話だ。

もう一つ日本の一億人がつまづいたのに英語がある。確かに頭の良い人は単語も覚えるし、英語の文章を読めるようになる。それを目指した日本人が英語では全滅の様相だ。これなら頭の良い人に英語を習うのではなく、教え方は下手でも日常の些細な事を全て英語で話す人に習っていればこんな事にはならなかったはずだ。

英語を話すようになると、今までざるの目からこぼれていた単語が見事引っかかり、労せずして英語がよめるようになる。



民放バカならず       2022/11/24


私はほとんどテレビを見ない人間で特に民放は子供の時分から見たことがなかった。しかし最近はパソコンでユーチューブを見る事が多く、時々秀逸だなと感じるのはBSーTBSである。

ユーチューバーの流す情報はそれは個人の努力であって、どんなに努力をしても組織の力には勝てないものがある。この点TBSのニュースにはうならされた。情報網は何処を見ても完璧はなく、われわれが広く浅く集めながら自分で判断しないとならない。

クリミア橋が爆破された時、あの雨あられと降ってくる火の粉は一体何かが不明であったが、白リン弾とTBSが知らせてくれて謎が解けた。するとトラックの積載物ではなくて水上ドローンによるかなり手の込んだ攻撃だった。ウクライナだけでは作戦出来ないだろう。

ウクライナ戦争にはNATOが既に深く絡んでいて、それをプーチンは十分知っている。しかしプーチンの妄想と言い、ロシア軍隊の腐敗と言い、ヒットラーの軍隊を破った赤軍のイメージがすっかり吹っ飛んで大変高い買い物ではあったが学ぶものが沢山あった。



老人と車       2022/11/21


私は今から3年前に免許証を練馬の警察署に行ってもう使いませんと言って、免許証の代わりになる身分証明書を発行してもらった。東京に住んでいて車の必要性が全くないから当然だった。

しかし地方は話が違う。何をするにも車がないと始まらない。でも80歳を過ぎた老人でボケの症状がちらちらし始めた人では殺人兵器を手にしたようなものだ。

私が老人には遠慮してもらいたいと思うのは、最近自分は電動自転車を購入した。物凄くパワーがあって坂道も向かい風も何処吹く風で遠乗りを楽しんでいます。それで池袋まで走ったはいいが、現実はあまくない。

若い頃だと道路の凸凹を簡単に察知したが、目は見えても立体感、距離感が弱くなっているので、がクンと言う強い衝撃で初めて大きな凹みが分かる。若い頃に比べて視界も狭くなっている。見たものの認識する脳のスピードが遅くなっているわで、たかが電動自転車でも老人があまり調子に乗ると危険であるのを学んだ。

地方においてもやはり老人には車を遠慮してもらい、その隙間を何とか知恵を働かせて解決してもらいたい。



日本人と英語談義したくない    2022/11/20


WEDGEと言う雑誌を読んでいて、フィリピンと英会話のタイトルで年配のおじさんがフィリピンの現状を報告していた。彼のフィリピンの観察は大変面白く、歴史を紐解きつつ内容のある報告になっている。

しかし英語談義を始めたら急に興ざめしてきて、これだから日本人と英語を話すだけはお断りになってしまった。
相変わらず彼が主張するのは、文法であり大学教育であり、TOEIC何点であり、パワーポイントを使ったビジネストーク、あるいは敷居の高いビジネス文章の作成と来た。

何故こんな大げさな事を言わなければならないのか。英語をしゃべるとは子供が自転車をこぐのと同じなのです。あの子は東大に入ったから自転車乗りも優秀と言うだろうか。言葉とは人間誰でも身につけたい本能であって教育が割り込んできてはいけないのです。

私の忘れられない経験はシンガポールに行った今から50年近く前になる。ジョホールバルに橋を越えて行くとそこにはモスリムの寺院があった。
そこで休んでいると地元の可愛い子供たちがやって来て話しかけると皆ちゃんとした日本語をはなす。僕たち何処で日本語習ったのと聞いたら、こうして寺院に来て日本観光客と話していて自然に覚えたと言う。

言葉の学習はここに全てがあると私は達観した。TOEICでもないし、東大でもないし、難しい形式ばったビジネス文章の作成でもない。そこに外国人がいて直ぐニコニコしながら話し始める。これが全てで、後は人それぞれ専門を磨けば良い。最初から自分はTOEICが何点なんて言うヤツは一生英語はものにならないと覚悟したらいい。



一晩でビットコインが消失したこと      2022/11/17


FTXと言うコイン交換所が破綻して、そこにあるはずの1兆円もの資金が一晩で消失したと言う。
これリーマンブラザーズが破綻して始まったリーマンショックに似ていますね。あの時の記事が面白い。誰かがパンツはかないでプールで泳いでいたと言っていた。ナスダックを開始したマドフがねずみ講をやっていて、ここでも一晩で巨額の資金が蒸発してしまった。

こんな事が10年単位で繰り返し起きている。人間はバブルを起こすしバブルの中では詐欺が暗躍して、俺も俺もと焦った人間が簡単に一生の財産を消してしまう。詐欺をやったやつを罰するのは当たり前ですが、無くなった自分の財産は戻ってこない。だから自分がそれに巻き込まれないが鉄則なのです。

当神経症掲示板でも同じ現象が見られた。今から2年ほど前に誰かがビットコインが儲かると書いた。当時は毎日、新聞がビットコインをはやし立てわれもわれもの雰囲気があった。当時加わった人の大半はお金を失っているでしょう。何故か。これは投資でなくギャンブルだからです。自分の虎の子は一か八かの賭けに投資してはならないのです。

それと新聞見ながらのもうけ話はほとんどダメだ。そんな事は誰でもできる。投資で儲ける人は必ず少数派なのです。だって多数が損をするから少数の人がそれを集めて金持ちになるわけです。

ではどうするか。新聞は一情報で、絶えず広くアンテナを張って集めた情報を自分なりに長期で分析するのです。そこから自ずと結論が出てくるでしょう。



翻訳完成         2022/11/14


臨死体験とガンマー波
臨死体験は数々報告されているが、これを脳科学から分析した報告はあまりない。今回は臨死状態にある患者の脳から発生する脳波を調べて、それはガンマー波に特徴があるのが分かった。

ガンマー波とはわれわれが記憶を呼び起こしたり情報を処理する時に発生する。研究によると、臨死状態では脳はその抑制を解放するために、過去の記憶がどっと溢れて丁度コンピューターのデーターダウンロードに似る現象がおきているとしている。



コロナ籠りが開けて      2022/11/11


私過去2年半コロナが怖いから事実上籠っていた。そのため自炊に次ぐ自炊でもうそろそろ嫌になって最近池袋での外食道楽を始めた。ラーメンから中華、寿司、鮮魚料理と毎日食べ歩き気が付いたことが沢山あった。

自分は中国に10回も行ったから中国料理については普通の日本人より余程よく知っているとのぼせていたのであるが、池袋の中華料理屋で食べてこれが間違っているのがよく分かった。

四川料理が美味い事。重慶に行ったときあんなうまい四川料理は食えなかった。理由は簡単。中国では言葉が話せないからうまく注文できないこと。もう一つは池袋は日本であるが、レストランの中は事実上治外法権になっていて、従業員は100%中国人であることだ。これならわざわざ中華を食べに中国に行く必要はない。

もう一つ思ったのは池袋のバンクーバー化だ。今から40年も前にバンクーバーに行ったがあそこの巨大なチャイナタウンは香港からの避難民キャンプあるいは最初の職場であった。今、池袋を歩いて道では中国人と認識できないが、一歩レストランの中にはいるとこれはもう香港の出島、あるいは大陸中国の一部になっている印象である。

やはり中国人に取って日本及び東京は夢の地なのであろう。中国に一番近くて文化国家、自由のあこがれの地は日本なのだ。



ツイッターの社員半分がくび        2022/11/6


イーロンマスクがツイッターを買収して電光石火社員を半分にする決定をしてそれを実行したのを見ていて、日本人の大半が言葉を失ったのでは。

アメリカの資本主義が全てこれだとは言わないですが、アメリカ型資本主義の一面を日本人として学習したのは間違いない。イーロンマスクのショック療法で、日本が何故30年間の無駄をしたかの理由が少し分かって来た。

日本は常に痛みを先送りして、和の精神を尊び社員と会社が一丸となって頑張ろうの社会であった。これはバブルがはじける前には有効に働いたが、バブルがはじけると中国が強烈なライバルとして出現して事態は急転した。

日本は重大な局面を迎えて新しい時代に新しい生き方を構築する時に、痛み止めの急ごしらえで30年過ごし、気が付いたら事態は深刻になっていた。

私素人ながらバブル崩壊後の銀行預金の金利があまりに低いので問題視していた。個人としては預金を日本からニュージーランドに変えて高い金利を維持した。日本人はその間、この金利分を生き絶え絶えの銀行、破産寸前のゾンビ企業を救うために使われている。

企業は潰さない、社員を首にしないで国民の預金を使いまくったのが日本の財政政策であった。あまりに痛み止めが効いたものだから気が付いたら国債1200兆円でもう破産である。

さあ、深刻な病気と宣告されたのに今後も痛み止めを打ち続けるか。われわれ国民一人一人の覚悟が必要になって来た。



やっとアメリカの真実が見えて来た    2022/11/3


私長い事、何故トランプ旋風のようなものが荒れ狂うのか理解できなかった。過去の共和党の政治にはおおむね理解してきたし賛成してきたが、トランプの登場で共和党そのものが理解出来なくなった。

これにはアメリカの深刻な分断があると言う。つい30年前まではデトロイトと言う自動車の町があり、ここで普通の職工さんが結構な高級を得て安定していたが、今のデトロイトはさび付いてゴーストタウンになってしまった。

この現象は自動車ばかりでなく全てのブルーワーカーに起きていて、彼らの生活が困難になっている。そこへ家賃の高い事、ニューヨークでは狭いアパートが何と家賃30万円である。これではホームレスが道端にあふれて当然だ。

私は過去30年、医療記事を通じてアメリカを見て来た。そこで分かったのはアメリカと言う国は資本原理主義、市場原理主義の国であることだ。資本主義が、日本ならそこまではしないだろう、ここまでするのかになっている。

例として痛み止めにオピオイドを含ませた薬物を政府が許可した事だ。これで製薬会社が莫大な利益を得たのと大量の麻薬中毒患者をつくり出し、毎年7万人がフェンタニルを飲みすぎで死んでいると言う。健康保険を国ではなくて会社に任せているのも酷い。そのため保険会社の役員が高級を取り、患者の医療費がとてつもなく高い。盲腸の手術に50万円とか100万円とかで寿命が縮まっている。

この容赦のない資本主義で一般の人たちの生活は困難を極める。これがトランプ現象に現れたとすれば、問題の解決は容易ではない。

一方、日本の問題は単に経済の落ち込みだけで比較的解決が容易に見える。先日バンクーバーのユーチューブを見たのですが酷いの一言です。私はバンクーバーに今から40年前に一か月生活した。あの頃から道端のマリワナは酷かったが今ほどではない。ホームレスの数も今より10分の1以下できれいなバンクーバーを堪能した。しかし今のバンクーバーは見ただけに逃げ出す。



翻訳完成          2022/10/31


幻覚療法をめぐる特許戦争
斎藤は幻覚療法については最初からかなり疑っているのですが、最近のアメリカの新聞を読むと記事が実に多い。本当にアメリカではブームになっているのかも知れない。

大体今から30年前にプロザックがあまりにも大宣伝で始まり過ぎた。夢の薬としてもてはやされて、私も少し試して見たが、案にたがわず、結果は幻滅であった。そして社会も幻滅の判定を最近下しているようである。
その反動として幻覚療法が登場したいきさつがあると私は見ている。決して幻覚物質が心の病気を治すと言うのではなくて、どうしようもない袋小路だから救いを求めるように開始したのだろう。

所で話は違うが、現在のカナダ・バンクーバーは40年前とは打って変わってとても住める場所ではなくなった。ホームレスがあふれていて、犯罪多発で日本人はとても住めない。
その理由の一つに麻薬が広まり過ぎたのが原因だと思う。カナダはアメリカに比べて国民皆保険が充実しているし、社会保障もいいのに、道を見るとサンフランシスコと変わらない。何が日本と違うかと考えるとドラッグだ。これで国民の崩壊が起きたのだろう。



イーロン・マスクのツイッター買収    2022/10/30


ツイッターはトランプの投稿を禁止したが、イーロンマスクはそれを元に戻そうとしている。これ危険ではないか。
トランプは今までの共和党にない、暴力革命を目指した政治家で、民主党の勝利を絶対認めない。暴力を使っても選挙結果を変えると宣言している人間で、その人間を復帰させるとは穏やかではない話だ。

でも問題はアメリカ国民にあり、彼らの半分が暴力を使っても政権奪取すべきだと考えているのだから手に負えない。去年1月6日の国会議事堂選挙事件に関してまだうだうだやっているのが証拠です。

日本ではインチキ経済学者に問題ありだ。彼等はMMT理論に間違いないし、政府はいくら国債を発行して通貨を印刷しても問題ないと説く。

もしそれで問題ないならもう税務署はいらないじゃないか。税金なんて面倒なことしなくても、政府は必要になったら国債を発行してそれを日銀に肩代わりすれば現金は直ぐ入る。

MMTなんて今に始まった手法ではなく、歴史で繰り返してきた過ちで、多くの国が破産した。今国民は国家の破産を肌で感じているのであって、この不安を真摯に受けてこそ国難を回避できると考えます。



BOSEのスピーカーを買ったこと       2022/10/27


時々ユーチューブを見ていてヘッドフォーンではどうも使い勝手が悪く、どうしても普通のスピーカーが欲しくなってアマゾンで今日、手に入れました。

私は今までヘッドフォーンの音質が余りに良くて、箱型のスピーカーを信頼していなかったのですが、このBOSEを組み立てて聞いたら音質の良い事、これならヘッドフォーンを敢えて使わなくてもよくなった。

考えてみれば最初にスピーカーを買ったのは今から20年以上も前だった。あの頃のスピーカーは明らかに音質が良くなかったが、今回それが劇的に変化したのを学んだ。あらゆるものが進歩をしていて昔の知識が役に立たなくなったのを実感した。

話は違うがコロナの影響でほとんど外に出ず自食を2年半してきて、もうそろそろ飽きたと言う事で、今日は池袋で中華を楽しんだ。私はやはり年齢か社会に後れを取っているのを実感した。

中華の昼食メニューが10種類ほどあってその中のエビを頼んだが何時になっても出てこないので、どうやって食べるのだと聞いたらあそこへ行ってビュッフェスタイルで食べるのだと言う。自分ですくって持ってきたがロクなものがない。定食850円だからこんなものかと思っていたらやや遅れてエビを持ってきた。

その皿のデカい事、エビだけで食いきれないほどある。もう既にビュッフェで大分食べていて食べられない。東京に住む日本人なのに、今の中華料理のメニューが分からない。ああ、時代に取り残されるとはこのことか、年は隠せないものだと実感した。

最後に悲しい現実。
日本の食事の値段が安すぎることだ。現在日本人の給与水準をしめしていて悲しい。フィリピンだって850円であの料理は食べられない。アメリカなら最低2,500円か3,000円だ。いよいよ日本は来るところまできた。



やる事は同じ         2022/10/25


英国のトラス政権が始まってからわずか1か月で崩壊してしまった。
理由は日本と同じで、国民に嫌われたくないから大型予算を組んでインフレ退治の逆をやってしまったからだ。

インフレとはお金が物の量を上回って社会にあふれている状態だ。だから、社会からものの量に見合う程度までお金を引き上げなくてはならないのに、予算の裏付けなく巨額の生活援助予算を市民に約束した。

これを見ていて、どこの国の政府もやることは同じだなと思った。先刻、天文学的インフレに悩んだドイツがその失敗を二度と繰り返さないように憲法か法律で中央銀行と政府を厳密に切り離していると聞いている。

日本も最早引き返せない場所に来てしまった。政府の巨大債務である国債残高をどうするか。先日聞いたユーチューブでは、国民に強制的に買わせるかも知れないと言う。これは日本が大戦中にやったことで、政府に強制的に買わされた債券はゴミくずになったと親父が言っていた。

そして終戦直後の新銀行券の発行だ。銀行封鎖も同時に実行したから、国民全体が一夜にして預金を全部政府に吸い上げられて問題が解決した。
私は同じことが日本でもう一度起きるように思えてならない。
バカ経済学者が積極財政を今だ大声で説教しているが、こんな連中はA級戦犯に処しないとならない。

今から日本がやることは、もうこれ以上の飛ばし行為をやめて、少しでも傷口を塞ぎ最悪を避ける事だ。将来は悪いことばかりでもない。



ワンルームマンション投資の落とし穴    2022/10/22


インターネットを検索しているとワンルームマンションの投資話によく遭遇します。都内の中古なら儲かるとかよく出ているわけですが、ここで専門家の話を聞いて驚いた。

彼によると、ワンルームマンション投資の大半が赤字で、しかも大赤字だと言います。投資の大半が素人で多少資金に余裕がある人で、アパート経営には疎いらしい。聞くと大半が儲かってないと言い、更に踏み込んで大赤字ではないですかと聞くとその通りと言う。

これ、私が今から25年以上も前に英語が好きだから翻訳アルバイトの広告を見て応募した時に似ている。そしたら仕事を回すではなくて、翻訳の方法を学習してもらって向こうがその手数料を集める仕事であった。だから、翻訳技術の学習雑誌をうんざりするほど送って来た。こちらはお金が欲しいのに、これは話が違う。

ワンルームマンション投資とは貴方に投資で儲けてもらうではなくて、如何にも儲かるような事を言いながら向こうの不良物件を買わせるビジネスであった。良も不良もなく、ワンルームマンション投資は全滅だと言う事です。

世の中を広く見るとこの手のインチキ広告がいっぱいだ。株式投資をみても、ほとんどがファンドの勧めである。ファンドはワンルームマンション投資と似ていて、100%損する。これだから資産を増やすのは難しい。

ではどうしたら良いか。それは向こうが作った小ぎれいな商品を買うのでなくて、自分でファンドを作って一つ一つ学習しながら時間をかけて利益を増やして行くのです。

今回のコロナと株価暴騰そして暴落を上手く乗り切った人たちの大半は、人の作った商品を購入したのでなく、自分の学習、経験そして判断で購入し売却した人たちでしょう。



住まいは買い取りか賃貸か      2022/10/21


これ永遠の質問で、上手く答えられる人はあまりいないですね。
しかし私、今日ユーチューブを見ていましてすっきりした解答を得ました。マイホームに夢を追いたい人は買い取りが良い、資産を増やしたい人は賃貸が良いとユーチューバーは言ってまして、私もそれに賛成します。

新築の家を自分のものにしたいは誰でもの夢ですが、悲しい現実としてそれでは資産は増えないのです。人生の初めに巨大な借金を背負って出発するわけで、この負担は相当なものです。しかも今は人口が減っていて30年後には自分の家の値段は3分の1、4分の1に下落している。

それに対して賃貸の場合は、最初の出だしが借金ではなくて、少ないが自分の投資資産です。確実な投資としては株式がありますが、最初は100万円から開始しても次第にそれは増えて行く。10年後には1000万円も夢ではない。しかも1000万円の株式は配当を産み、時価も次第に上昇する。

賃貸では住んでいる家はぱっとしないが、これは我慢する。しかしマンションの値段は高騰するが家賃はあまりあがってない。それと不動産税はなし、管理費はない、ローンの金利支払いはないで次第にボディーブローとして効いてきて、20年後には新築購入した人を追い抜くのです。

過去30年のデーターを見てもお分かりのように、資産を持っている人は常に景気の良しあしに関係なく、確実に資産を増やしている。アメリカで顕著であり、日本も同じでこの傾向は当分止まないと思う。

結論として誰でも描くマイホームには落とし穴があると言うことです。



強圧的物言い       2022/10/14


ユーチューブ上で説明している経済専門家、あるいは学者の責任を追及したい。彼らは偉そうな顔をして国家がお札を刷っているのだから心配する必要はない。われわれは生活水準を維持しないとならないので積極財政を推し進める必要があると毎度言っている。

そこに僅か藤巻さんだけが国家終末論を引っ提げて過去20年間このままではいかん、財政破綻は目の前だと言い続けていてインターネット上では彼は明らかに少数派である。しかし私は何時も藤巻さんの味方で、いよいよ日本も来るところまで来たと思っている。

昨日の円の動きを見ると1ドル147円だ。140円が限界線だとわずか数か月前に言っていたが軽く超えて150円に届きそうだ。私は放漫財政を過去30年間続けて来た日本政府のつけが間もなく爆発すると思っている。
さあ、皆さん覚悟はいいかな。キツいしっぺい返しではあるが、このような痛い思いを経験しないと日本は蘇らない。



念願の電動自転車を買ったこと     2022/10/10


私は自転車が好きで毎日2回は近所の公園まで自転車で飛ばします。
まだ筋肉は衰えていないから、電動自転車が必要なんて全然考えなかったのですが、今乗っている自転車は既に20年乗っていて大分さびが回っています。そろそろ新車に変えないといけないが、この先考えると電動のほうがよいのではと考え購入しました。

乗って驚いたのは、10年前に三宅島に行ったときに借りた電動自転車とは全く違う事でした。三宅島で借り電動自転車はそのバッテリーが酷い事、坂を一度上るともうあがってしまった。あまりの嘘電動だったので、電動だけは購入しまいと考えていたのですが、一週間前に買ったヤマハの電動は違っていた。車で言えばキャデラックを運転しているみたいで、音もなくスッと前進します。

バッテリーはもつこと、既に一週間毎日2度以上のっているのにまだバッテリーの残量は70%と出ています。公園では一か所だけキツイ坂がありますが、ここをローギヤーで上ると何の努力も必要なく頂上に到達します。あまりうれしくて少し遠乗りをしてやろうと意気込んでいます。これであれほど電動自転車が売れている理由が分かりました。

ただサドルのばねが硬いこと。だから古い自転車から愛用のスプリングを柔らかにしたサドルを付け替えました。電動は前にかごがついていますが、これを取りはずして古い自転車の後輪かごを移し替えて、これで完了です。東京の生活は地方の車と同じで、自転車、特に電動があると、活動範囲はグンと広がり人生が楽しくなります。



イギリスのポンド安をあげつらう日本人  2022/10/9


イギリスがいきなりポンド安に見舞われたらしい。それも急激で値幅が大きかった。投機家にイギリスのインフレ退治に疑問が投げかけられた形で、たまらずトラス政権は政策を元に戻した。これを日本人は笑っている分けであるが、そんな暇があるのか。

むしろイギリスの方が日本より健全だ。投資家にノーを突き付けられているのに対して日本ではマーケットの反応が鈍い。理由は政府日銀が大規模介入してイールドカーブコントロールと言うのをしているから、国債の利率がびくとも動かない。これが果たして良いのか。痛み止めが余り効いているので事態は悪化しているのに症状として出てこないと言う危険な状態です。

日本人はまた韓国をウォン暴落ばかり言う。他国はどうでもいいのだ。心配なのは日本であり、もう政府の2重帳簿政策を停止させないとならない。トバシ行為であって、あの山一証券がそれで倒産して、日本のバブル崩壊が始まった。

政府がトバシを停止すると恐らく激しい円の暴落に見舞われるであろうが、耐えないとならない。日本再生のチャンスであり、これを逃すとセイロンやギリシャのような事になる。



胸突き八丁に入って来た日本      2022/10/6


いよいよどうにもならなくなった日本の印象が強いですね。
幾ら金利を下げても日本は上向きにならない。さあ、どうしたら良いだろうか。手術をした後、昔は絶対安静で寝ながら次第に回復を目指した。今は積極的に立ち上がり、出来る運動から直ぐ開始するです。でないと特に年寄りは筋肉や関節が衰えて行く。

日本経済も個人も同じなのです。苦難を先送りにしていくと、遂に立ち上がるチャンスを逃し、そのまま体力を失っていく。

私は神経症をやりロクな仕事につけなかった。あの景気の良いころの日本で、ボーナスをもらったことがなかったほどです。その人間が覚悟したのは、このままでは貧困がまっていると。特に老後はどうするかと考えた。そこで出て来たのが、自己資金の運用です。

日本人にお金の運用の話をするとほとんどが、お金をもっていないと逃げた。持っている人もリスクがあるから郵便局と答えていた。リスクの名のもとに困難に挑戦する態度がなかったわけです。私は30年も前からニュージーランドに預金して高利回りをもらっていた。

これは一例で、自分は自分で守るの覚悟がないと次第に収入を失い、気が付いてみたら貧困化していたになるのです。今の日本に必要なのは、積極的な挑戦なのです。企業も社員もただ安定した雇用だけを求めてはならない。生きるか死ぬか、両者前進しないとならない。人間は強いものですよ。

一度防戦一方になると後は断崖に追い詰められてしまう。



ひろゆきさん、橋下の意見を読むのは危険   2022/10/6


最近ひろゆき、とか橋下とかの名前が出てきたら問答無用で通過か削除することにしている。読んでいて不愉快になることが多いからだ。
メディアも彼等の話を拾いすぎる。恐らくそれが一番てお金儲けになるからだろう。だからわれわれ受けての方で工夫しなければならない。
BBCだったらエリザベスの名前か写真が出てきたら削除する。

ウィルとかの雑誌、ユーチューブ動画も不愉快だ。右系の不愉快な動画はいくらでもある。同じ位に左系の動画も不愉快である。私は大体真中であり、問題の性質により右によったり左によったりしている。



翻訳完成
         2022/10/5

抗鬱剤は偽薬ほどの効果
抗鬱剤を見直す衝撃的報告が発表されて、世界で莫大は数の人が飲んでいるSSRIと言う抗鬱剤の効果は、わずかに偽薬を上回ること15%程度だとしている。問題は離脱症状が強い事だ。そのため多くの人が離脱症状から逃れるためにSSRIを飲み続けている。それでもSSRIを止めることができない理由は、鬱治療はまだ19世紀の水準で、代わるものがないからと言う。



グーグル翻訳の問題点     2022/10/3


最近SSRIの離脱症状を深刻に捉えた記事が出ましたので翻訳しました。最初面白そうなのでまず英語で読んでいましたが、余りに記事が長いのでさっと読むためにグーグル翻訳で読みました。

しかしこれがいくら読んでも納得がいかない。雰囲気が分からない。方向が伝わってこない。これじゃなんだか分からないと言う事で、じっくり自分で翻訳したらバッチリなのです。

原文は強烈なSSRI拒絶記事であった。原文からも伝わってくるしそれを私も日本語にも表現した。AIの凄さは私、囲碁を見ていて分かる。もう人間はAIに勝てない。それと同じ期待を翻訳に期待したが、期待は見事に裏切られた。

AIの凄さはわずかに速度だけだ。人間の1000倍の速さで翻訳する。しかし内容たるやお粗末で、英語を読める人には耐えられない。AIの最大の問題点は英語と日本語を等式で結ぼうとすることだ。英語と日本語は言葉の違いばかりでなく、文化の違い、表現方法の違い、その他もろもろの違いで等式では結ぶことが出来ない。

全く違うから、発想を変えて違うものを持ってきてつなげるサーカスみたいな芸当が必要なのです。これをすると英語の授業では落第になるが、読む人には完全正解なのです。直訳なんて煮ても焼いても食えない文章で、そんなの読んでいる暇はない。


安倍死して日本再生       2022/10/1


国葬にこれだけ多数の国民が執拗に反対している事実は深刻なのです。
今日は小沢が強烈な安倍批判を再度展開した。村上自民党議員は安倍を国賊と表現して、これを問題視した自民党が村上氏を懲罰にかけると意気込んでいるのを、小沢が真っ向から自民党を批判した。安倍こそが韓国発のカルトと組んで政治の中心を腐敗させ、日本の政治を基本から崩壊させたと非難している。

安倍とは一体何者であったのか。安っぽい百貨店で売れるものなら何でもうる。八方美人でプーチンにすり寄ったと思ったら今度はトランプに近づき、中国とも会話を呼びかけインドに飛び、オーストラリアを味方につけと、何処にもかしこにも笑顔を振りまいた。

保守としての見識があるようでなく、経済は金をバラまいてとりあえずは景気を維持しているように見せた。深い見識があるわけでなく、そこいらへんの効果があるものは全部ごた混ぜにしただけだ。

私はここに最大の不愉快を感じた。特に歴史を改ざんすると言った時にはこの人間はダメと判定した。国民の半分くらいが私のような感触を持っているのだろう

私は案外政治に妥協する人間だから政治とはこんなものだろうと思う。あまり理想を追求し過ぎてもよくない。ある程度自民党が方向修正したらまた自民党に頑張ってもらうしかない。



日本だけが苦しんでいるのではないこと    2022/9/30


イギリスポンドが急激に下落して国債利回りが急上昇しているらしい。
イギリス新政権が冬の暖房費の巨大負担増を軽減するために、大幅な減税を実施して、庶民にお金をばらまく決定をしたらしい。これを聞いて日本政府がやって来たこととイギリス政府は同根であると納得した。もちろん日本のそれはやり過ぎで最早手の打ちようがない。

どこの政府も庶民に嫌われたら政権を投げ出さざるを得ないから、このような飴玉政策を取る。一種のポピュリズムであるが決して成功しない。例えば家庭で主人が職を失ったとする。途端に費用を抑えないと家を失い路頭に迷う。それを生活を下げるわけにいかない、積極生活を維持しようとクレジットカードを使いまくったらあっという間に破産だ。国民も政府も本質は変わらない。

苦しみは日本だけでないともう一つ感じたのは最近の韓国ウォンの下落だ。この国は日本では考えられない速さで資金が枯渇する。外国に逃げるわけで、25年前にも起きている。一度起きる事は2度、3度という事らしい。これアルゼンチンが10年置きに破産しているのに似てないか。

韓国人は見栄っ張りで消費志向が強い。車は皆大型でマンションも日本より大きい。彼らは借金をしてまでも見栄を張りたい。すると破産も特急でやってきて今回のような事になる。

最近必要以上に日本の欠点を論うユーチューブがあるがこれは良くない。過度に日本を矯正しようとすると日本の持つ本来の良さが死んで日本に何も残らなくなってしまう。



積極財政に反対     2022/9/26


積極財政とは国が困難になったら政府が赤字でも財政を出動して需要を喚起して経済を発展させると言う事でしょう。しかしこれを日本は過去30年間やって来てさっぱりその効果がなかった。

同じ失敗の例えをフィリピンは上手く表現する。
貧民には金を与えるな、魚を釣る道具を与えよと。言い得て妙ですね。発展途上国に資金援助を与えて今まで成功した話を聞いたことがない。援助された資金はその上流で個人に盗まれて末端まで行かないし、末端まで少し流れてもこれを産業に昇華する能力と意思がないからだ。

日本もある意味で同じで、景気が悪くなる度に積極財政で金をバラまいていると大衆はお金を受け取る事に慣れてしまい、産業育成に励まない。その結果が1200兆円に膨らんだ国の借金であり、30年間のジリ貧経済であった。

この悪循環を断つには、厳しい政策転換が必要になる。今から40年前にイギリスではサッチャーが厳しい自由化政策をやった。アメリカもレーガンがやった。
印象的なのはニュージーランドで今から30年前に底なしの経済悪化で苦しんでいた。日本が今やるような金のばらまき政策で出口が見えなくなっていた。当時の銀行金利はなんと25%。でもここでニュージーランドは断固政策を変えて以後順調に経済は回復した。

それを安倍が死んだ日本がやらなけらばならないのです。激しい円安は悲劇の始まりですが、ここが踏ん張りどころで、政府も国民も耐えないとならない。我慢できずに積極財政を叫ぶと日本はギリシャやアルゼンチンのようになり、世界から消えて行く。



翻訳完成       2022/9/25

眼球運動による脱感作と再処理法(E.M.D.R)

アメリカからの情報では時々この療法が取り上げられている。基本的に認知行動療法に似ていて、それに眼球運動を組み合わせた感じだ。効果ありと言うが私は大いに疑問に思っている。

アメリカの考えは認知行動療法でも散々習ったように、恐怖、不安に対して正面から向き合い、それに慣れて克服する思想であり、上手く行かない。神経症の場合、不安、恐怖は脳の合理的理由で起きているのではなくて不合理、即ち脳の異常動作によって起きている。これをいくら合理で克服しようとしても逆に煽って最早正常の生活が出来ないほどに患者を追い込んでしまう。

こんな考え、療法が流行るのは、神経症を治した人がほとんどゼロであるのが理由です。神経症の本質は神経症を治した人だけがわかる。認知行動療法は誰が見ても尤もらしく見えるが、こんなもの単なる作文で当たり前の考えの延長線上にあり、既に神経症者が各自自分流の認知行動療法をしている。そして全敗なのです。



日本はあまりに居心地が良すぎるのが欠点  2022/9/24


どうも日本は世界の経済発展から取り残されているように感じる。その一つの理由に、あまりに日本での居心地のよさにあると思う。
過去25年間に何度も世界は経済の縮小に見舞われたが、そのたびに日本は財政出動してその衝撃を緩和してきた。原資は今から30年以上も前に蓄えた富であり、あの頃は日本は世界一であった。

しかしその痛み止めがあまりにも効果があって痛みを十分に吸収してくれたから、国民も政府もいつの間にか危険に対して鈍感になってしまった。日本が戦後いち早く世界の工場として現れ、世界に輸出をしたのは世界大戦で灰塵に帰して失うものがなかったからだと思う。

しかし今は失うのを恐れて火の中に飛び込む勇気を失ってしまった。中国を見て、あれだけダイナミックなのは、あの国に生きるとは生命の危険に常に晒されているからだと思う。韓国は今までIMFの軍門に2回くぐっている。あそこまで追い詰められると国民も政府も覚悟が出来る。

そこで日本であるが、今回はもう逃げられないと思う。円はぼろ安に向かうし、金利を上げれば即刻日本政府破綻する。その時に日本人の真の強さが戻ってくると私は考える。



負け戦        2022/9/22

プーチンの負け戦が濃厚となって来た。
プーチンがウクライナの周りに大量の軍隊を集めて戦争の準備をしているころから、私のプーチンに対する印象は極めて悪かった。あってはならない戦争であり、100年前の帝国主義全盛の時代ならいざしらず、人々がスマホを持つ時代になにをするのかと腹が煮えくり返った。

そんな時にあるアメリカ人と話していて、彼はプーチンを天才と持ち上げたのには閉口した。世の中にはこう考える人がいるのだなあと。 そしたら鈴木宗男がロシアよりウクライナが悪いと言い始めた。平和が大事であり、ウクライナは直ぐ降参してロシアの軍門に下れと。同じような事を橋下も言っていたのにはあきれた。

人を見る時に頭がいい悪い、専門性があるないではなくて、何か言葉を飛び越えて不愉快を感じる時があるが、この腹の虫とか第六感と言うのが案外正しい。私の場合、大塚家具の時にズバリと当たった。

人には感性と言うものがある。知識、善悪、好みを超えて何かを瞬時に感じる感覚だ。これがあるから我々はあまり時間をかけることなく、危険を察知できる。今回はプーチンで自分の判断は正しかったし、恐らくトランプに対しても間違ってないであろう。


スマホ依存症       2022/9/19
最近はニュースでも大っぴらにスマホ依存症を取り上げている。
恐らく国民一般にスマホを見続ける事は決して良くないの認識が高まって来たのだろう。私はスマホが流行り始めた今から10年前からスマホには辟易している。道を歩く人、電車の中にいるひと、全てがスマホを見っきりになっている。これほど世の中不愉快な事はない。

コンピューターは世界を変えた。コンピューターのおかげで情報が世界の隅々まで一瞬にして到達するようになった。しかしスマホは英語で言う所のラブチャイルドだ。愛人との間にもうけた子供であり、余計なもので違法に近い。コンピューターで十分情報は世の中にいきわたっていて、歩きながら見っ放しになる必要はない。

世の中便利になったではなくて、人間の堕落が始まった。 しかし人間は動物界で唯一依存症になる動物で、だからアルコールを飲み、薬物をやり、タバコをやる。その延長線上にスマホはあると私は見る。人間は依存の対象になるものに対して屁理屈を言って便利さを説明する。まあ、その言い訳もそろそろおしまいになった。

真に生活を便利にするのはスマホではなくてお金であり賃金なのです。お金さえあればスマホがなくても必ず購入できるが、スマホがあってもお金がなければ物は買えない。何時も思うが公園に行くと自然がある。空気がおいしい。緑が匂う。鳥、昆虫の音が心よい。四季の変化を感じる。体を動かし筋肉を鍛える。このどれをとってもスマホを見る行為より素晴らしいのにひたすらスマホを見続けるバカが多すぎて困るもんだ。


安倍の功罪     2022/9/17
功の部分は日本の安全保障を強化した事だ。安倍の努力により中国、北朝鮮が日本に対して手出しをするのに簡単ではなくなったであろう。 しかし私は罪の部分に焦点を当てる。

最大の罪は赤信号もみんなで渡れば青信号になってしまったことだ。桜を見る会、森友学園、加計学園問題、日本会議等限りなく国民が疑う事件を、ことごとくうやむやにしてきた。安倍はこのような問題の処理に天才的手腕を発揮する。あまりに逃げ切りに成功したものだから、子分たちは親分のやる通りにしておけば万事OKになり、自分で考えることを忘れてしまった。それが統一教会事件の遠因であった。

赤信号無視は何度かは成功するがいずれ大事故につながる。何時か居眠り運転の車が突っ込んでくるだろう。私が一番気になるのは、日本の財政事情で、もう長い事日本は慢性的デフレに悩まされて来た。恐らくこの先いくら金融緩和をしても問題解決はしないのに、日銀は政府の子会社と化したものだから、社会をびちゃびちゃに現金漬けにしてしまった。現金は株式市場に流れ、不動産に流れるから一見景気よく見えて政権には都合がよいわけだ。

しかしものごとは安倍の好都合にはいかなかった。安倍は逆上した統一教会会員二世に殺されたし、アメリカはインフレ退治に金利を6%に引き上げた。こうなったら金利ゼロの日本からアメリカに現金は流れる。それを止めようと日本も金利を上げたらその瞬間に日本は破産する。この破産の速度を速めたのも安倍なのだ。


薬の効き        2022/9/16
私が最初に薬の効きに注目したのは頭痛薬であった。若いころから頭痛に悩まされそのたびに同じ頭痛薬を使っていてその頻度が知らない間に上がっていた。

ハワイに行ったときに試しにコンビニに入ったら頭痛薬を発見し、日本だったら20錠が最大限なのに向こうは100錠入りの大瓶で売っていた。しかも安い。さっそく買ってきて頭痛の度にのでいたらほとんど効かなくなった。これはおかしいと気づきインターネットを検索すると、頭痛止めに一番いいのは我慢することとあった。 以来自分の薬依存症に気が付き、出来るだけ飲まないようにしたら、頭痛薬の効果が戻った。あまりに耐えられないときに1錠だけのむ。すると奇跡のようにスッと痛みが消えた。

頭痛の原因は薬の多用にあったのだ。神経症の人で不眠に悩まされる人が多いと思う。私の場合は年齢のために眠りが浅いのと、夜間頻尿で熟睡が出来ない。たまに医師からもらった睡眠剤を飲むこともあるが、私のお好みはメラトニンです。このサプリメントの効きは一言で述べるのが難しい。

不眠が頑固でないときは大変効き、しかも朝方にも二日酔いのように眠気が残る。しかし頑固な不眠になるとメラトニンは睡眠剤と言うより覚醒剤になってしまう。これがホルモンの作用の仕方なのだろう。だから軽い不眠の解消、依存症を避けるにはメラトニンは私にはもっとも適したサプリメントになっている。

右にも左にも辟易する    2022/9/16
安倍の写真を座右に置いて国葬を賛美する連中にも辟易するが、非武装中立を掲げ平和憲法絶対死守を連発する左の人間にもうんざりする。

私の考えは真中へんにあり、問題ごとに多少右にずれ左にずれを繰り返している。後の詳しい問題に関しては専門家に任すだ。最近ユーチューブでデモクラシーと言う動画を見ているのですが、統一教会と安倍に関してはドツボの意見を吐いて面白いが、それでは過去自民党が決断して実行してきた政策の評価はと言うと、あきれることに全て反対を言っている。

このように開けても暮れても反対ばかり言い続ける人間の脳は一体どうなっているのだろうか。改めて人間の脳の個人差を感じて途方に暮れる。

地殻変動を感じる      2022/9/14
最近香港の様子を株の値で見ているのですが、ここ1年以上一本調子で下降しています。こんなグラフ他の所で見たことがない。あるカナダの投資会社が今から10年くらい前に日本を見限って香港に事務所を構えた。この会社がいつの間にか逃げるようにしてシンガポールに事務所を変えていた。この変化を見て、私はもう往年の香港は死んだと判定した。

既に自由を奪われた香港は他の中国の都市と同じ位置になり、投資基地としての香港は死んでしまったのだ。 習政権は中国の経済を窒息させる方向に舵を切っている。もちろんその前に共産党が指導する政治には限度があるわけです。あの野放図な新幹線建設、中国人口の倍の人数が入れるほど高層マンション群を作ったこと。それらが全て不良債権に変化していること。

ここに来てアメリカがおかしくなってしまった。4寒3温の状態でチャートが下向きになっている。日本も安倍が死んでアベノミクスのおとしまえをつける時が来た。もう日銀は銀行券を刷れない。刷ると一気に円は暴落する。 さあ、こんな視界不良で皆さんはどうする。


翻訳完成            2022/9/13
トブ遺伝子
日本の山本先生により解明された遺伝子で文字通り飛ぶ遺伝子である。何故なら反応が早いらしい。その遺伝子の癌関連での動作は今まで分かっていたが、ストレスに対しても影響を与えているのが今回証明された。

鼠を使った実験ではこの遺伝子を持つ鼠は鬱、心、不安に対して強かったがこの遺伝子を持たない鼠ではストレス抑制力がなかった。脳科学の歩みは大変遅いが、このような地味で這うような研究の 繰り返しで我々の最後の望みである、神経症の過度の不安の 源泉が解き明かされると期待している。


遠慮がちに進む       2022/9/12
東京オリンピック関係で高橋元電通理事が逮捕されて今はあの有名な森さんに司直の手が及んでいる。一般大衆には拍手喝采であるが、このような事は誰にでも起きると理解した方がよい。

誰でも最初から犯罪をしたいと考えている人はいない。しかし事業が成功し引く手あまたになると、俄然危険が押し寄せて来ます。日本は比較的汚職は少ないと思われるが、それでも利益を求めて沢山の人が押しかけて来ます。これを完全に切ると言うのは現実的に難しい。能力ある人間ほど清濁併せ吞むを求められる。しかしそのさじ加減が難しい。ここまでは大丈夫と思っていると、次回はそれ以上に行く。次第に慣れて来て、ずぶずぶの底なし沼に自ら歩を進めてしまう。これ、人間の本性なのです。 いや、自分は違うと景気をいいこと人は言うが、詐欺を見ても、あの人がと思う人が簡単に引っかかってしまう。

完璧にはいかないが、現実的で一番効果があるのは、ひやっとが3回起きたら次は重大事故が起きると予想するのです。この時に方向を変える事が出来れば人生事なきを得るが、まだ大丈夫と言いながら前進すると大変な事になります。電通の高橋とか森さんなんか、今そう考えているんじゃないだろうか。


インターネット時代を生きる幸せ    2022/9/11
今から30年近くなるか、イギリスのダイアナ嬢の話が毎日新聞の一面を飾ることがあった。最後はあの悲劇的死で新聞トップは数か月続いたと思う。あの頃私が思ったのは、読む記事を選択できない自分であった。

明けても暮れてもダイアナを読まされて、幸い現在はそれから解放された。ご存じ、エリザベス女王が亡くなり、これまた毎日彼女の死を悼む記事であふれているが、今はインターネットの時代、それ以外の記事はわんさとあり、無視するのは簡単になった。

最近私が文字を見ただけで無視するのは橋下と鈴木宗男とひろゆきさん、それに最近は新進気鋭の成田さんだ。もうこの人たちの意見はいい。世の中の真実は広くあまねくあり、一定の有名人からでてくるものではない。私の投資の有力情報は有名人からではなくて、巷のちょっとした所から出てきている。ニュージーランドの外貨預金が閃いたのは、なんと今から35年くらいまえの夕刊ゲンダイからの記事であった。あんなタブロイド紙の記事が私の人生を大きく変えたのは皆さんの参考になると思う。


評論家、学者なんていい加減なものだね。   2022/9/10
1か月前か円が110円から135円に飛んだ時、ユーチューブを見ていると偉そうな顔した大学教授が日本人は心配症だからいかん、これは一時的で元に戻ると力説していた。今後も政府は金利を低く維持して大丈夫だから心配するなと念を押す。所が今見て御覧なさい。150円に間もなく到達する。

つい先日、円の榊原さんが140円は一時的で直ぐ戻すだろうと言っていたのも束の間、同じ人間が今日は来年末には180円もあり得ると言い始めた。まったく彼らの意見は御覧のようにあてにならない。専門家の意見をまともに聞いていたら己の財産を守ることが出来ない。専門家とは政府の政策を維持するために発言しているのであって、決して国民各人の財産を守るために発言していない。

私の意見は藤巻さんの意見に近い。日本についてはかなり悲観的で遠くない将来円の暴落が発生すると見ている。現在暴落が既に始まっている。こんな時に唯一自分の財産を守るのは自分自身であり、それは分散と言うことです。現金は日本円だけで持っているのではなくてドルにある程度変えておく。 お金は銀行に置くではなくて、今は証券会社に置くが正しい。現金はやめて株にする。それも一社ではなくて小分けして複数社に分散する。出来れば日本は避けてアメリカ、伸長著しいベトナム、インドネシア等に分散する。分散が資産防衛の基本技術なのです。


翻訳完成         2022/9/9
幻覚物質によるアル中治療 
今アメリカでは従来の抗鬱剤治療で行き詰まり、幻覚物質を使う試験が多数行われている。この試験はその一つで、アル中治療を目指していて、果たしてどこまで効くかお手並み拝見です。

コロナが一先ず終わりに近づき、アメリカでは以前のように心の問題を書く記事が出始めた。心に効く薬は恐らく今人間が求めている薬の中で最重要ではないだろうか。そんな中、今から30年前にSSRIと呼ばれる新しい抗鬱剤が現れてこれが夢の薬としてもてはやされた。

今から考えると大いに製薬会社の宣伝に乗せられたのは間違いない。アメリカと言う国は市場原理主義国家で、企業の活動は200%保証されている。そんなものだから痛み止めに麻薬を混ぜて薬を販売するなんて政府が許す。そのため、アメリカでは年間5万人ほどがドラッグ過剰摂取で死んでいる。そんな国を全然マネする必要はないが、果敢に危険に挑戦する姿は参考になる。第二のロボトミーが、成功するかどうか。


最近右翼に思う事       2022/9/8
最近は便利になって毎日、右から左、中道の雑誌新聞を見ている。これはインターネット時代の最大の長所で、そこで感じる事は右派、右翼の人の行動が理解できないことです。

右翼の連中は奉る儀式を重要視するらしい。だから座右に必ず安倍の笑顔の写真を配し、石原慎太郎を祭り、典型的なのは三島由紀夫と盾の会なんてものもある。中道あるいは左の人たちは、特定な人を神聖視したり祭ったりすることを拒否する人たちだと思う。あるいは夕刊フジでは愛知県の知事のリコール騒ぎを起こし、リコールを求める偽造の申請書作成事件もあった。カッとなって突っ走り自分のやっている事が違法行為であることさえ見えない連中らしい。そんな連中が反日カルトと結びつき多量の資金を韓国に送っていたとは。

安倍晋三が殺されてから、この日本の闇と言うか腐った部分が毎日のようにあぶり出されてきて、改めて自民党政治の60年の腐敗を問うようになってきた。ここらで政治を一掃しようと思うが、民主党のあの体たらくでは国民として選択の余地がない。でもアメリカの共和党のように、暴力に訴えても選挙結果を変えると決意する勢力が日本にはないのが救いに見える。


BBCを見ていて       2022/9/7
イギリスの首相がジョンソン氏からトラス首相に代わった。この動きを毎日テレビで見ていて驚くのは、有色人種が首相以下の閣内に多い事だ。

アメリカなら分かるがイギリスで起きているとは。首相最右翼であったスナク氏がインド系だ。その他閣内にも3人ほど外国からの移民の子がなっている。3年ほど前に、最初にBBCを見て驚いたのはニュースキャスターの多くが黒人であったことだ。私の個人的経験では、ロンドンの安ホテルの泊まったらそこはパキスタン系の人が運営するホテルであった。ひょっとしたらロンドンの不動産の多くはパキスタン系か外国勢が占めているのではないか。

この現象に注目する理由は、今の日本の元気のなさである。積極的に外国人を受け入れているイギリス、アメリカがビジネスで活発なのに対して日本はさっぱりなのだ。同じ現象は東京にも表れている。東京で成功する人の多くは地方出身者である。大阪も同じ傾向と聞く。地方からあるいは外国から単身で東京、あるいは日本にやってくる人は自分を助ける家族親戚がいない。

人間と言うのは生きるか死ぬかの環境下にいると、俄然強くなるのかも知れない。人が成功するには適切な刺激が大切と言うことだろう。私の個人的経験を言うのはなんであるが、私が親と一緒に生活していた時はダメであった。

37歳の時、親から飛び出て一人で生活をし始めてから私の人生は花開いたように見える。もちろんここには幸運もある。地方出身者がそのままホームレスに転落するケースが少なくない。でも全体として見ると、外部から単身で乗り込んできた人たちは強い。日本再生のために我々はこの点をしっかり見つめる時に来ているだろう。


焦るヤツは損する     2022/9/5
1年くらい前か、掲示板で誰かがビットコインを買ったらよいと書き込んだら、待ってましたとばかり、そうだそうだの書き込みがあった。私は直ぐそれはまずいと水をかけた人間です。

人間追い込まれると次第に危険な賭けに出るようになります。今から30年前に原野商法と言うのがあった。日本全国の土地が値上がりして、土地を持っていないもの、買いそびれた者が置いてきぼりになり、この人たちは焦った。そこにつけこまれたのが原野商法で、北海道の誰も欲しくない原野の土地を高い金払って購入した。これで自分もやっと土地所有者のグループに入れたと安心を得たが、その後は御覧の通り、原野なんてタダでも買う人がいなくなってしまった。

今韓国ではマンションの値段がうなぎ上りで留まる事を知らない。1億2千万円とか言う値段が当たり前になっていて、これでは普通の人は購入できない。焦った人はリスクの高い株投資、マンション投資に走った。しかしこういうのは大抵失敗する。いつの世も金のある人は順調に資金を伸ばし、金のない人間がスッテンテンになってしまうのです。

テスラの株がいいと言ったって良かったのは今から1年以上も前の話で、これからはテスラでも暴落する可能性がある。ビットコインの今の惨状を見てみたまえ。

今ニューヨークでの狭いマンションの部屋代が月30万円と言うから驚く。どうしてこんなべらぼうな値段になってしまったのか。これはコロナも関係があって、世界各国の政府が国民に補助金を出した。このお金が住宅不動産バブルに回っているのです。だからこんな時に焦ってマンションを借金して投資目的で購入すると、ばばを引き貧困層に転落する。

どうしたら良いか。私の経験によるとハイリスクハイリターンは嘘であった。実際はローリスクハイリターンであった。これを実践するには人間が正直になること。9回裏の満塁ホーマーを絶対狙ってはいけない。


安倍は日本の死期を早めた     2022/9/4
先ほどデモクラシーと言うユーチューブのプログラムを見ていて驚いたのですが、日銀低金利政策、バズーカ砲予算の中身に驚いた。地方交付金と言う予算があってこれが16兆円で、安倍と黒田の指令で地方に16兆円をばらまいて、この金を使いきれと命令したらしい。これが国債発行残高1200兆円の使途の中身だ。清貧、倹約、努力、計画と言う日本人の徳は何処に行ったのか。安倍の本質であり日本の国家破産を早めている。

安倍は自分が選挙で勝つために手段を選ばなかった。統一教会と言うカルトであり、日本の右派勢力が最も嫌う韓国に拠点を置く反日宗教と裏でツーツーになっていた。日本から盗まれた家族の金をまず韓国に運び、そこから自分たちの違法活動を許す政治家の買収に使った。腹が煮えくり返る話だが、それが安倍の暗殺で一気に終わりに近づいた。

悲しいかな、安倍政治の終わりは日本の破産と軌を一にすることになる。もう日本の財政は持たない。ダメはダメであり冷酷な運命が待ち受けている。スリランカ、ギリシャの例を見るべきだ。日本は国債をバンバン発行して国民には痛み止め注射を施してごまかしてきたが、ついに最後の時が来た。でも破産が日本の再生の始まりであり、破産すれば政府も国民も覚悟が出来て日本の再生が始まる。このままでは韓国、台湾に抜き去られて最悪な事になる。


急激な円安     2022/9/3

前回急激な円安が進行した時のユーチューブには、偉そうな顔して経済専門家が「心配する必要はない、日本人は心配し過ぎる」と説教していたが、今回この連中は静かにしている。前回の時も経済学者がこのまま日銀の低金利政策を続けていてなんら問題がないと言っていたのには腹が立った。その連中が今回は静かにしているではないか。その代わりにミスター円の榊原さんが「従来どおりの政策で問題なし」と言っていた。

しかし彼の場合は責任があるからうっかりした事が言えないので、この発言は彼の本音ではないと思う。 私の心を打ったのは藤巻さんだ。彼は最高の悲劇予想家で日本は確実に破滅に向かっていると言う。私もそう思う。

個人だろうが、国家だろうが、お金は天から降ってこないのです。今まで日本はお金が足りなくなると国債を連発してこれを日銀が買っていた。禁じ手であり、今までの歴史は教えている。日本はもう国債を発行できない段階に来たのです。これ以上出すと猛烈な円安になり、インフレが始まり国家破産の始まりだ。でもそれが日本再生の始まりでもあり、ハイパーインフレにより、国家の借金がチャラになり、追い込まれた国と国民は痛みを伴う改革を受け入れてそれを断行する。今、その段階に来ているのです。


国葬も嫌だけれど平和憲法絶対護持もいや    2022/9/1
ユーチューブで左翼系の動画を見ていて、彼らの国葬反対の切り口は歯切れがよくて気持ちが良いが、そこで憲法の話になると途端に平和憲法絶対賛成で閉口する。

私が平和憲法に異議を唱え始めたのは、私が小学校に行っていたころに遡る。確かに第二次世界大戦で日本は地獄を経験してもう二度とごめんだは誰でも分かるが、軍隊を永久に持たないは理解できない。何時の時代にも泥棒はいるし、殺人は起きる。絶対起きないから夜はカギ閉めないで寝ろ、コンビニから店員を排除しろにはならない。

私は小学生であり戦後まだ10年の時点で、既に軍備は必要の認識であった。それで今の自民党であるが、統一教会も嫌いなら安倍はもっとも嫌いな人間であるが、しかし差し迫った危険な中国、北朝鮮を前にして、自衛隊は違憲はないだろう。 自民党には是が非でも憲法を自分の手で書いてもらいたい。


翻訳完成      2022/8/31
スマホ多用と自傷行為
アメリカではコロナパンデミックが収束に向かっていると見えて、今までコロナ一色の健康ページだったのが最近は心の問題を語る記事が復活してきた。

この翻訳はその一つです。 私も心配するスマホの見っきりと心の問題ですが、ここでも問題ありと言っていますが何か歯切れが悪い。一つはまだ科学が十分追いついていないこと。二つ目は記事を書く人、科学する人がスマホ中毒になっていること。スマホが良くないのは最初から分かっているが、人はそれを言いたくない。

何故なら自分が愛用しているからだ。人がスマホから離れるには時間がかかるのは、タバコにノーと言うまで100年かかったのが良い例だ。人間は薬物中毒になる唯一自然界の生き物で、この人間の悪い癖は多分治すのは難しいだろう。所でこの文章の少女はスマホで心が悪化した面もあるが、本質は同一性障害があると思う。


近藤誠先生がなくなったこと    2022/8/29
近藤先生と言えば癌もどきと言う言葉を作った人で一時期沢山読者がいたと思う。

今から25年も前に、テレビキャスターである逸見さんが悪性の癌が分かり、きれいに除去する手術をして間もなく死んだ事件があった。あれから医学も進歩したと思うが、あの頃の記事を見ると癌には戦え戦えの一本調子だったのを思い出す。私もこの一本調子の世の中を批判する方でして、近藤先生の本を読んだ。今は近藤先生を批判する人が多いが、ある程度の医学の本質を突く面があったのでは。

現代の医療は素晴らしいがそれでも100%ではない。それを知っているのは医師自身のはずだ。結局、長く健康を保ち質の良い人生を送るには医師と患者の2人三脚で、バランスのある生活をするのがベストではないか。 歌舞伎役者でまだ若い人が手術後遂に立ち上がることなしに死んだ例もあった。沖縄の知事がすい臓がんを診断され手術後3か月ともたない例もあった。医学にも限界があるのです。それを互いに見極めながら妥当な線を目指すが最善と考えます。


スルーする、マウントする    2022/8/27
これ聞くたびに私は背筋が凍ります。スルーするって一体なんだ。英語でThroughを動詞で使う事はない。
前置詞として使いgo throughでどこそこを通過するだ。Mountは山であり、動詞で使う場合は何かにまたがるになるが、人の上に乗っかって虐めるの意味で使われたのを私は見たことがない。恐らく両者とも誰かが最初に何処から引っ張って来て、それを見ていた他の日本人が俺も格好いいから使って見ようで広まったと思う。

最初に使った人もいい加減で、後に続く人間もいい加減でとても外人には見せられない。
私、10年間スカイプで毎日英語を1時間話した。英語を話すが生活の一部になると、カタカナ英語の大半に違和感を持ちます。こんな使い方あったっけかと一々考え込んでしまう。

今を時めくインバウンドもいい例だ。何故わざわざインバウンドと言わなければならないか。来日外人で良いではないか。本来のインバウンドには来日外人の意味はない。内向き、あるいは中の方に向かってくるの意味だ。 日本人のカタカナ英語を見ていると笑止千万で悲しい。


これほど自民党に腹が立ったことはない   2022/8/26
安倍さんが殺されて以来、毎日統一教会を聞かない日はない。国民は怒りに燃えているのだ。これに対する自民党の対応は、自分たちが統一教会に選挙で頼むのは当たり前でしょうであった。これには国民の怒りが爆発した。それ以上に岸田総理が迷うことなく国葬の決定を出したことに驚いた。

統一教会に選挙協力してもらうとは違法バクチの胴元に声をかける行為であり、それを安倍が先頭切ってやっていた。政治を歪める際たる行為をした安倍が暗殺されて、それを直ぐ国葬に付すは一体なんだ。今日は河野さんが統一教会関係の取り調べを開始すると言い、初めて自民党の中から救われるような声を聞いた。


厚切りジェイソンに好感         2022/8/24
彼の生き方は私の生き方にぴったりなので驚いている。私も倹約の鬼で、ボールペンの1本を50円にするか70円にするか真剣に迷う時があった。タクシーなんてこの10年間に数度しか乗ったことがない。私の住む練馬は池袋に僅か8分で便利この上ないが、近くを散歩すると結構車を持っている人がいる。大そうな車でピカピカに磨いている。一体彼らは車で何処へ出かけるのだろうか。出かけたところで行楽日では帰りの渋滞がきつい。新幹線で帰ればわずか1時間で東京駅なのに5時間もかかってしまう。しかも事故で一家全員が死んだり怪我したりだ。

それと首相の夏休みの記事になると必ずゴルフと来る。ゴルフがそんなに極楽かね。もっと内容の高い過ごし方はあるだろうに。以前の政治記事では閣僚級の会合ではかならず料亭が出た。貧乏人にはさぞかしご馳走が食べられてうらやましいなと思うが、ゴルフ記事と同じで、こう書けば読者が読んでくれるので出すのだろう。

私の最近の経験では寿司屋でフルコースの寿司を食べるより、立ち食いで必要最低限のにぎりをさっと食べて出てくるのが一番おいしかった。

投資生活とは倹約生活と表裏一体なのです。投資とはギャンブルではない。詐欺まがいの金儲けをするのとも違う。 以前ある人に証券会社を紹介したら、そこで株式を買うのでなく為替取引をやりたいと言い出したそうだ。これは投資ではなくてギャンブルだ。大半の日本人の投資感覚はこの程度だから日本人の困難な財政事情は続く。


来るものは覚悟しないとならない     2022/8/23
2週間ほど前か、ドルが140円台に急騰した事があった。やはり来たかと皆身構えたわけですが、その直ぐ後にユーチューブを見ると例の上からの目線で日本人は騒ぎすぎると偉そうに言う動画が多く見られた。

140円なんて異常であり直ぐ元に戻ると言うのだ。この言い方、東京オリンピックが始まった時の夕刊フジの言い回しに似ていた。日本選手の金メダル獲得があると”手の平返し”と騒ぎまわりやはり東京オリンピックは良かったじゃないかの記事でいっぱいになった。 私なんか手の平返しを最初からしてなかったし、今回のドル140円到達も用心深く見ていた。

一度は下降するがまた元に戻るのではないかと。即ち間もなく140円超えて危険ラインを突破する危険を感じた。日本の経済は弱っているのです。もう国民は賃上げなしに30年やっている。それ処か30年前に比べて少し落ちている。その間に韓国にも抜かれて国債の発行規模は1200兆円に達してしまった。

国家と言えどもお金は天から降ってこないのです。 日本人は韓国を馬鹿にして、韓国は破産する、中国はダメだと言うが、実際は韓国より日本の方が危ない。ところで、韓国の隆盛には理由がある。もう25年も前に国家破産を経験してIMFの占領下に入った。IMFの韓国政府に対するる資金援助にはキツイ条件が付いて、今までの腐敗した財閥系銀行を整理して貸し出しを絞り、つぶれる企業をどんどん潰すように迫った。 一挙に職を失った人が増えたわけで、これを官民揃って乗り切った。この血の出る実践の上に現在の韓国はあるが、日本はそれを先送りして時間を無駄に費やした。

さあ、ここからは専門家総出で、血の出る日本変革をしないとならない。安倍はこれを避けたのだ。私、安倍はあまり頭がよくないと見ている。事の本質を見抜く能力に欠けているのだ。だから何時も八方美人の演出ばかりで、これに日本人が見とれて気が付いたら手遅れになっていた。


国葬だなんて       2022/8/22
統一教会と自民党の結びつきが、出てくるわ出てくるわで、国民は皆口を開けてただただ驚いている。国政とは選挙で決める。だから国民から支持を得ないとならないが、少数のグループがその何十倍のあるいは何百倍の票数を集めてはならない。

一人一票が原則であり、自民党が統一教会と結びついたのは特別のグループに身分不相応の対価を与えた事になる。国政が大きくゆがめられたのだ。統一教会の自民党への支持とは言わば違法バクチの運営行為にあたる。その違法バクチに最初は遠慮していたが、余りに効果絶大で、自分の思い通りに動いてくれるので、自ら運営に乗り出した形になっているのが安倍であった。

その安倍が死んだから、国葬だなんてとんでもないと考える。安倍による国政のゆがみは酷いものでとても看過できない。絶対国葬はしてはならないし、もしやったら私は個人で不敬の意思を示す。


安倍は結局問題を解決しなかった    2022/8/19
第二の安倍内閣が開始した時のマスコミの持ち上げは凄かった。経済の指標が好転して、株価が毎年上がってと。今回の安倍の暗殺で安倍経済は何だったのかと改めて人々は問い始めた。アベノミクスは単なるカンフル注射の連続であったのではないか。

この30年間アメリカを始め世界各国が30%とか50%給料が上昇しているのに日本は逆に10%位下落している。今から30年前は普通のサラリーマンには一戸建て郊外の家を買う夢があったが、今はマンション買うのも容易ではないし、生活そのものの維持が困難になっている。

イギリスは今から40年前に危機が訪れてマーガレットサッチャーが断固自由化を実施して国民に厳しい選択を迫り、そのお陰で20年後、30年後にはイギリスが見事復活した。アメリカではレーガンが、政府大赤字の一方軍備を増強し、規制緩和を実施した。そのお陰で、日本にやられっ放しであったアメリカがコンピューター大国となって復活した。

韓国は危なっかしい国で破産を2回経験し、IMFの軍門に下っている。悲惨な経験を2度もして国民にも政府にも覚悟ができたのだろう、その後の復調はすさまじく既に日本の国民所得を超えてしまった。

この断固たる決意と実行が日本にはない。安倍が実行したのは、八方美人行政で、苦難を先送りするゼロ金利政策の実行であった。増税もせず、規制改革もせず、じゃぶじゃぶに社会を現金で漬けて当座の破産を防いだ。しかし時間を無駄に費やしてしまった。 安倍亡き後は空しく過ごした30年間の後始末と、円の暴落に直面と言う、いよいよ崖っぷちになってしまった。


ピークアウトがおかしい      2022/8/18
最近日本人はピークアウトをよく言う。私、英語世界ではピークは聞くが、ピークアウトは聞いたことがない。明らかに日本人が勝手に作ったおかしなカタカナ英語だ。

所でピークにはPeakとPeekの2種類があり両者の発音は同じである。ピークアウトと言うと英語ではPeek outになってしまい、こちらは見ては行けないところを覗き込むになってしまう。まさかこの意味で日本人が使っているわけではなかろう。

これだから英語は難しいのです。そんなに英語がやりたいなら、毎日英語を聞くべきであるし、できれば毎日誰かに英語で30分話すべきだ。そうすると頭が英語で回転するようになり、その頭ではカタカナ英語を使う事を恥じるようになるのです。皆さん、カタカナ英語を使うは恥であると、よーく胆に命じるべきです。


パルチザンと聞いて変ですね     2022/8/17
Partizanとスペルします。この言葉はアメリカの共和党、民主党の争い劇で毎日聞く言葉で、党派色の強い主張のように訳すべきです。所が日本ではこれを大戦中の日本軍に対する北朝鮮の抵抗運動に使い、今晩のクリミア半島にあるロシアの空港襲撃にもパルチザンと表現していた。

しかしアメリカの新聞ではこれをウクライナによるサボタージュと表現していて、パルチザンの言葉を聞かない。 日本ではツイッターのような媒体をSNSと言うが、向こうでは多くはソーシアルメディアと表現しているようだ。

日本ではメリット・ディメリットの表現を聞かない日はないが、私、今まで30年間英語に接して来てメリット、ディメリットなんて表現、聞いたことがない。このような事で英語をやり過ぎると、日本人の気持ちの悪いカタカナ英語を聞くと背筋が凍り、何とかならないかと悲鳴をあげるのです。

日本人の皆さんよ!!英語とは一体なんであるかもう一度じっくり考えて下さい。決してカタカナ英語を使うではなくて、英語を話す事なのです。カタカナ英語使う、英検の点数を誇るは、それをすればするほど英語は困難になり、最後はだめだって言って投げ出す事になるのです。


不愉快な経済学者    2022/8/16
最近は経済のニュースと情報を全てユーチューブから得ています。そこから分かったのは、経済学者の不愉快さであった。彼らは難しい単語を出しながら政府よりの意見を押し付けてくる。現在日銀のゼロ金利政策を全面的に支持して、国民が感じる将来の財政破綻を否定する。またその態度がでかい。明らかに不愉快さを催す程度に態度が大きい。

それに比べて有名な投資家の意見はどうだろうか。ジムロジャーズなんかは私を更に10倍くらい悲観にした程で日本、およびアメリカの近未来を予測する。私でさえ聞いていて嫌になるほどで、途中で読むのをやめるが、心の奥底になにか温かいものを感じる。

ブログの投稿で有名であった日本のある有名投資家は、何時も株式バブルは破裂すると言っていた。政府のコロナ救済の過剰出費はインフレとなって襲ってくると1年も前から警告していた。世界の投資家の中には正面切って日本円を空売りして来た人間がいた。彼は日本は崩壊間違いないと信じて日銀と戦争を始めた。

このように、投資家と言うのは自分の心に素直であるのに対して、経済学者は自分を大きく見せようと努力する。国民の不安を上から見下ろし不愉快千万で、私は真っ先に彼らをユーチューブから消去する。 学者と言うのは自分は物知りでなければならないの強迫観念があるのだろう。必要以上に大きく見せる唾棄すべき人種と最近は考える。


成田さんのもう一つの良い言葉   2022/8/14
今のスマホを多用する社会の不自然さだ。彼はこれをタコつぼ社会がいきなり1億人に拡大してしまった現象と表現した。本来親密な関係の言葉が1億人に拡散されていて、楽しいより不愉快千万になる。だから自殺なんかが起きてしまう。この問題に対処するために通信速度を落とすべきと彼は言ったが私もそう思う。

あるいは公園なんかでは電波妨害を出して、公園内でスマホを使わせない工夫が必要だ。 世の中便利になればよいと言うものではない。便利になって返って不便になる場合がある。

この間は若者が自転車に乗りながら片手でスマホを見ふけっていた。危ないなと見ていたら、案の定信号は赤なのにぶつかって来た。これがどうして便利な社会だろうか。ラインを使えばEメールアドレスはいらないなんて私には意味不明である。グーグルEメールアドレス一つで十分で、それ以外に何も必要でない。

大体そんなに便利、便利でなにが楽しいのか。スマホを弄りまわしている人間を見ると彼らはパソコンを余り使ってないのではないかと思う。私は今表計算ソフトの学習しているが、ここまでパソコンを使う人はほとんどいないのでは。朝、薬局が開く前に入口でタバコを吹かしている中年男性を見るが、ニコチンが切れて補給しているのか、あるいは電車に乗る前にニコチンを補給するのか。これとスマホの多用が私にはダブって見える。


既存の価値観を飛び越えろ   2022/8/13
イエール大学教授の成田さんの意見に聞き入ったわけですが、それは既存の価値観の下敷きにならない事であった。ニュースを読んでいると東大生がどうの東大ではどうのの記事が多い。私の好きな英語では必ず英検がどうのTOEICが何点でと来る。

自分が英語をフィリピン人を相手に毎日1時間10年間話した結果知ったのは、言葉を話すことと試験の成績は反比例する事であった。この呪縛から逃れる人は斎藤と他に数人と言うほど日本では惨憺たるありさまです。

30年ほど好きな投資をやって学習したのは、誰でもやる投資信託は泥棒投資信託であったことだった。”株をやる”と以前は言ったが、これは投資ではなくて証券会社のカモになるであった。

もう一つ、よく言う家は買うべきか、賃貸が良いかの結論は断然賃貸が良い。どうですか。社会の常識は非常識で、社会の常識を実践していると老後の生活は貧困になってしまう。英語はカタカナ単語ばかりで全く実用にならないで終わりだ。一回だけの人生だから誰でも俺はやったぞと言いたいはずでしょう。それにはありふれた常識に疑問を持つこと。これが人生を成功させる金言だと思う。


MMT理論の崩壊     2022/8/12
MMT理論とは、国は個人と違って必要なお金は印刷するから幾ら発行しても大丈夫だという理論だ。
日本は過去20年以上実行して来て、今の所日本破産はしていない。だから今後も大丈夫と政府系の評論家が声を大にしているが、インフレが起きない範囲ではと言うのが抜けていて、そのインフレがやって来た。

日本ではあまり目立たないが、アメリカを始め世界はすごいインフレで人々は悲鳴をあげている。インフレが日本を襲うと利率が上がり、利率が上がると国債の金利が払えなくなり日本政府は破産する。その前に円安が日本を直撃する可能性が高い。円安の第一波が今の所少し凪いだが、次の波が迫っているように見える。

黒田総裁の指揮する国債乱発経済運営でも物価上昇2%はならなかった。日本のGDPは平か少し下がっていて日本の貧困化は止まっていない。安倍が指導するアベノミクスは失敗であったのである。 手術をしないで痛み止めで10年間凌いでいたが、痛み止めの効果がなくなるどころか、ここへきて一気に症状が悪化する気配が出て来た。そして安倍は暗殺されアベノミクスは終わりを告げようとしている。

さあ、この次は何が起きるか。過去30年の穏やかな経済の下降と急激な社会保障費の増大のツケを支払う時期がいよいよやって来た。私は、日本は破産を免れないと思っている。むしろ一度破産して痛みを経験すれば、日本人と日本政府の胆が座り、抜本的改革が出来ると見ています。


安倍とは何だったのか       2022/8/11
先ほど森友事件のテレビ番組を見たのですが、結局安倍は政治力を働かせれば赤信号も青信号に変えられると考え、段々エスカレートして、最後は統一教会と言う禁断の実までも食べ始めたと言う事なのだろう。

それがブーメランの如く自分に跳ね返り、刺客を自ら差し向けてしまった。その人間の死を国葬だなんてとんでもないと思う。自民党葬で十分だ。 もちろん人間は多重な存在であり、政治を歪めたという面では安倍は最悪であったが、国防の面ではかなり貢献した。

日本の内政を知らないアメリカの日本大使は安倍をほめそやしているが、外国人なんてこんなものだろう。ニクソンがそのアメリカ版で、天才的判断で次々の世界の難問を処理して行ったが、持ち前の猜疑心が患いして、民主党のビルに泥棒を忍び込ませてファイルを盗み出すなんて馬鹿をやった。これはアメリカに取っては国辱ものであったが、日本人から見ると、ニクソンはベトナム戦争を解決して、沖縄を日本に返して、米中の関係を正常に戻してと大いに働いた。国民は両睨みで物事を判断しないとならないか。


グーグル表計算ソフトを学習する。  2022/8/10
ひょんな事で表計算する必要に迫られた。何時ものキングソフト(中国製)は安かったが、思わぬ欠陥に見舞われた。それはコンピューターが故障するとそのままデーターが消滅してしまうことだ。その点グーグルはクラウド上に保存されるから安全であるが、グーグルのソフトはマイクロソフトともキングとも違っておいそれとは開始できない。

そこでやはりユーチューブが便利なんですね。さっそくユーチューブから2つほど抽出して、しっかり確認しつつ繰り返して自分のものにしていく。学習すると、今まで使わなかった便利な機能が満載なので、随分いい加減に使っていたものだとあきれている。でも多くの人も同じじゃあないか。表計算は腰を据えてかからないとならないし、仕事をする上で非常に重要です。


いつの間にか日本がコロナ世界一  2022/8/9
昨日世界のコロナ情勢を見ていて驚いたのは、西欧ではほとんど下火になっているのに日本だけが毎日20万人の感染者が出ていて飛びぬけているわけです。
一体如何した事かと首をひねったわけですが、まあ重症化率は低いし死亡者数もそれほど多くない。それより世界のパンデミックはそろそろ終わりに近づいているので胸をなでおろしています。でも昨日の東京でも2万の数が出ていて、医療を逼迫させてはならない。ここは一つもう少し我慢して何処も行かずに家にこもります。昨日はスーパーで8千円くらいまとめ買いをしました。


翻訳完成   2022/8/8
ケタミンには常習性はない
最近すっかりSSRI抗鬱剤の化けの皮が剥がれて、あっちこっちで他の鬱治薬模索が繰り広げられている。その一つがケタミンで、ケタミンには抗鬱効果があり、その即効性に注目が集まっている。
果たして鬱そのものを治すかどうかは大いに疑問であるが、即効であるから自殺など防げるのではないか。問題は常習性で、すでにケタミンはパーティードラッグとして巷に出回っていて、社会も当局も神経質になっている。この研究の結果は、少なくてもマウスに関しては常習性はないとの結果が得られた。


煮え切らない自民党  2022/8/6
統一教会と自民党の結びつきで安倍氏が暗殺されたのに、自民党の態度が煮え切らない。自分等のボスがカルトのために殺されたのにカルトに対する態度が煮え切らないとはどういうことか。これは公明党との関係が影響していると思う。

創価学会=公明党と組んで政府を維持して何年になるだろうか。その間に自民党は宗教の危険性に鈍感になってしまったのだろう。最初の頃はかなり慎重であったが、上手く行ったためか、ガードを降ろしてすっかり安心し切ってしまった。

私、昔、神経症に苦しんで一時期創価学会に助けを求めた時があったが、彼らの執拗さに閉口したものだ。最後はあの曼荼羅とか言う仏壇をゴミに出したと言ったところ、ピタッとアパート訪問がなくなった。 やはり神経症の苦しみで、キリスト教プロテスタントに入信したことがあった。ここが嫌になったのは、毎週日曜に礼拝に行くと、入口に寄付箱が五つくらい並んでいたことだ。こちらが寄付をもらいたいくらいなのに、毎週お金の要求にはうんざりして脱会してしまった。

この危険性をはらむ宗教との結びつきを民主党こそが警笛をならして予防に努めないとならないが、あの体たらくでこれまた失敗してしまった。民主党の最悪は国防に鈍感であったことだ。日本は北朝鮮、中国の脅威に対峙している。その防波堤となっている日米防衛協力の要である沖縄の基地の件で、単なる思い付きで県外移設を言い始めてしまった。沖縄は国の国防の根幹なのにこの甘い認識ではとてもとてもだ。小沢も野党をまとめて日本政府を担うという責任感と懐の厚さに欠けていた。これでまだまだ日本の苦難は続く。


投資評論家を信用するな     2022/8/5
世の中、ハイリスク・ハイリターンなんて言葉が一人歩きしている。これ誰が証明したのか。

カタカナ英語の氾濫のように、誰かが言い始めたから俺も使うになって広まっただけと私は考える。私は自らの経験から事実はその反対のローリスク・ハイリターンであった。

その反対のハイリスク・ローリターンは、郵貯あるいは銀行への貯金なのです。ハイリスク・ハイリターンなんて言葉が流行るのは、知っている振りをする嘘専門家がこの言葉を多用するからだ。評論家なんてものは文章を書いてなんぼであり、文章が上手いだけで自分が投資をしているわけではない。

私の経験からファイナンシャルアドバイザーほど嘘をつく人種はなかった。彼らは損をするファンドを顧客に勧めて、自分はそのファンドから手数料をもらっている人たちなのです。

じゃあ、我々はどうしたら良いのか。老後に備えて2000万円を用意しないとならないが、これは投資の技術がなければ容易に到達できない金額です。投資を開始するに当たって守るのは、投資で儲ける簡単な方法はないとまず覚悟すること。長期に渡って貯蓄を続ける、長期の投資を心がける、我慢、胆力、そして自分で足を運び自分で学習することです。

その反対に、人が作った儲け話に乗る。銀行が売りつけるアパート経営プランに乗るは最低。短期で儲けようとするもダメ。ビットコインを新聞を見ながら買うがそれ。銀行、証券会社が勧めるファンドを買うも最悪。 投資で儲けるには、これ等全ての反対です。

アパート経営なら自分の足で不動産屋に行きアパートを買って試して見る。そこから色々学ぶでしょう。株式ならパソコンを使って自分で株を物色する。その際気を付けるのは、出来るだけ分散投資をすること。出来るなら世界を相手にする。ビットコインなら5年後をにらんで買う。一か所から買うのではなくてイーサリアムとか色々あるでしょう。分散を心がけて万が一不測の事態が起きても、怪我が軽くすむように手筈を整えて開始する事。


安倍の功罪     2022/8/4
安倍の任期中、私は安倍を好きになったことは一度もなかった。何か胸糞悪いの感覚が続いていたが、今回の統一教会と自民党特に安倍派との癒着で証明された。 聞きしに勝ると言うか、出てくるわ出てくるわで統一教会と自民党の癒着、売国的関係には国民の半分以上が言葉を失っている。

最初の頃の安倍暗殺の同情が次第に色あせて、国葬そのものに重大な疑義が生じてしまった。 幾ら政治家は国民の誰からも支持が欲しいからと言ってカルトから支持をもらってはならない。それは先刻の麻原彰晃で分かっているではないか。

事実は政治家がカルトのマインドコントロールにはまってしまったように思える事だ。支持だけもらうという上澄み頂き作戦が、実は中心をカルトのマインドコントロールで乗っ取られた。こんな時に抜本的変化させるのは野党では物足らない。共産党にしっかり働いてもらわないとならない。毒をもって毒を制すというやり方だ。安倍が残した功だけ述べると、それは日本の安全保障の強化である。これは今後も自民党が引き続いて努力をしてもらいたい。


プーチンがバカに見えること     2022/8/2
ウクライナに侵攻して失敗して、フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟して、周りは火の車なのに日本に対しても脅かしをかけて来た。軍艦を動かし、飛行機を動員して日本に圧力をかける。ウクライナの侵攻からロシアの軍隊の実力が見えてしまった。このままではウクライナ一国に対しても戦争は勝てないのに。プーチンを天才と持ち上げる人間がいるが私はその反対である。

彼は独裁を長くやり過ぎて独裁病にかかってしまった。このままではフセイン・カダフィー、チャウセスク、マルコスと同じ運命になる。人間と言うのは一度独裁をやると自ら退路を断ってしまうように見える。こうならざるを得ないのは独裁をやった人間のみ知るであろう。自分の地位を万全にするために、グルジアに侵攻して一部を奪い、クリミアを奪取して、その勢いでウクライナ全部をいただくつもりだ。まったくバカだね。


ジムロジャースの意見  2022/8/1
彼は日本通で意見は何時も辛口である。3年くらい前にもかなり辛辣な意見を送って来て、日本ばかりでなく世界は暴落に向かうみたいなことを言っていた。
しかし彼の意見は外れて、コロナが流行り世界各国がお金をばらまいたので、株は空前の高値に舞った。彼の意見は短期的には外れたのである。 今日はシンガポールからまた日本に対して辛口意見を送って来た。

今ユーチューブを見ると何処もかしこも政府よりのヨイショ意見が満ちていて、特にあの顎の奇妙に長い男が政府は破産しないと一点ばりでうるさく吠えている。 日本人の大半は嫌な意見は聞きたくないから、大丈夫、大丈夫にしたい。だからあのようなユーチューブになります。

私は今回ばかりはジムロジャースを持つ。個人でも国家でもお金は天から降ってこないのです。今まで30年間大丈夫だったから今後も大丈夫ではない。日本政府が発行しまくった国債は紙くずになり、裏打ちなくして支えて来た国家予算が崩壊して国民全体が塗炭の苦しみをするのです。

でも私はそれを跳躍台と見ています。韓国を見てください。あの国は今までに2回破産してIMFの軍門に下っている。その国が日本の給与の半分だったのが今や日本を超えてしまった。破産と言う厳しい試練を経験したから政府も国民も覚悟が出来たのでしょう。日本だって破産を経験すると国全体にびしっと芯が通り大改革を実行できる。これが本当の意味での第二の維新になると思っている。


グレンフォードの”ノースアメリカーノ”   2022/7/30
この映画、1954年製作と言うのだから古い。しかし私はこの映画を今から25年前に見て、昨日ユーチューブで再度見た。懐かしのフィルムで古き良き時代を再現し楽しかったが、一つ驚いたのはアメリカ人の体格の変化だ。

グレンフォードは男前であるが、無駄肉、脂肪が一切なくさっぱりした体格の2枚目だ。ここで出て来た1954年当時の女優が大変セクシーだ。最近こんな魅力的な女性をアメリカに見たことがない。胸と言うか乳房というか尖がっていてマリリンモンロー以上に美しい。ウェストのくぼみがまたきれいだ。

最近のアメリカ女性を見るとプロレスラーみたいだ。肩から腰までずん胴でドラム缶みたいで、膨れ上がった西洋梨の姿だ。見ただけでこんな女とデートなんて考えたくもない。何時からアメリカ人がこんなに醜くなったか。戦後日本にアメリカ進駐軍と言う人たちがやってきたが、背が高くカーキ色の軍服を着て格好よかった。あの姿がアメリカから消えて久しい。

原因は何処にあるかと考えて、ハンバーガーとコーラ、そしてピザだと思う。この3点セットの、がぶ飲み、がぶ食いがひどすぎる。ハワイに行ったときに見た自動販売機がすごい。日本だったら30種類のソフトドリンクを用意しているが、なんと上から下までコカ・コーラばかりだ。コーヒーさえもおいてない。 アメリカの食文化はここまで落ちたのかとため息がでて、アメリカなんて頼まれても移民したいなんて思わない。アメリカは最悪の国に成り下がってしまった。


いよいよ日本もどん詰まり  2022/7/29
先日一気に日本円が一ドル140円近辺に値下がりした。その理由はアメリカがインフレ抑制のために金利を上げたためだ。ところが日銀は今までの金融緩和政策を変えないと言う。すると更にお金はドルに流れて円がぼろ安になる可能性がある。ここで政府よりの経済専門家はMMT理論に誤りがないからこのままゆるゆるの低金利政策をしていても構わないと大声で言っている。即ちお金は天から降ってくると。

ま、政治を運営している人としてはその言葉良しなのでしょうが、個人としては、もう日本は土俵際に追い詰められていると見る。即ち政府が何と言おうと己の財産は己で守らないとならない。今まで日本政府は国債を発行してそれを日銀が買い取ると言う禁じ手を20年以上やって来た。言わば痛み止めで凌いで手術を拒否してきたわけで、もうこれも限界に来てヘッジファンドに狙われ始めた。さあ、皆さんどうする。


トランプの返り咲きを憂う  2022/7/28
日本にもトランプ歓迎の記事を読む事があるが、私はこれを大変危険と見る。トランプは大統領選挙後の選挙結果に不正があると言い、暴徒の国会議事堂襲撃を煽った張本人だ。もしこれが許されるなら、次回でトランプが選挙で勝っても、民主党が不正があったとして国会を襲う事になり、これこそ南北戦争の再来になってしまう。あってはならないことだが、これに目をつぶる日本の一部があることに私は理解が出来ない。


トンでも大前研一 投稿者:斎藤 投稿日:2022/7/26
私は現在もスマホを使ってないから、ユーチューブが出て来てから長いことユーチューブを使わなかった。しかし最近ユーチューブを沢山使って分かって来たのは、大前研一の嘘のすごさだ。
彼の嘘がバレてから、私はもう本屋に行かないで、ほとんどの情報をユーチューブから得ている。今日、大前研一の本質が見えたのは、彼がしばしば自慢する経営コンサルタントのマッケンジーだ。なんとこの会社は悪名高きアメリカのパーデューと言う麻薬を痛み止めに仕立て上げた製薬会社のコンサルタントをしていたことだ。如何に麻薬を合法的に販売するか、訴えられたときの逃げ方、法律の盲点等を指導したのだろう。これが大当たりになり、パーデューは大儲けをしてアメリカ全体が麻薬付けになってしまった。麻薬の飲みすぎで年間5万人も過剰死が発生したと言うとんでもない事なのです。

大前は嘘ばかりついている。中国の経済発展のでたらめ理論を展開し、日本のバブル破裂後の成り行きをこれまたでたらめ説明したいた。大前がカリフォルニアの発展をバラのように描いて見せたが、現在地球温暖化でカリフォルニアは死が迫っているではないか。アメリカの投資信託の成績の良さも嘘であった。彼の書いた嘘が分かるのはユーチューブのおかげです。

ユーチューブはランダムに毎分毎秒世界から情報が入る。高名な経済評論家から巷のタクシー運転手の情報まで。この膨大な量の情報のおかげで、本で出版する形の従来の評論家の嘘が瞬間に見破る事が出来る。よく言うではないですか。世の中の景気が分かるよいやり方は評論家に聞けではなくてタクシー運転手に聞けなのです。一人の高名な評論家より、一億人の証言のほうに真実が隠れていることが多い。


ハイエンド、スペック、ユーザーにうんざり 投稿者:斎藤 投稿日:2022年 7月24日(日)16時11分58秒
特にコンピューター関係、自動車、航空関係の文章にこの手のカタカナ英語が多いように感じる。ハイエンドは高級でよいし、スペックは仕様だろう。ユーザーは一般顧客、消費者等いくらでも文章によって選択がある。これ等の鳥肌の立つ単語を使う書き手はおそらく英語がまるきしダメなんじゃないか。

私、スカイプで毎日1時間以上英語を10年話して来まして、カタカナ英語を使うのに非常に恥を感じます。英語らしきものを散らばらせるのではなく、今から30分、1時間英語だけで話すのが目的であり、ヘンテコ英語で鳥肌立たせるなんて恥ずかしい事なのです。 MMTなんて言わないでModern Monetary Theory FIREなんて言わないでFinancial Independence, Retire Earlyと言ったほうが余程親切なのです。日本人の皆さん、英語とは何ですか。よーく、考えてください。


翻訳完成 投稿者:斎藤 投稿日:2022年 7月23日
鬱はケミカルバランスの問題ではない。 http://mui-therapy.org/newfinding/chemical-imbalance.html

今からもう30年近く経つか、プロザックが市販されるようになり、その時のうたい文句が鬱は脳内のケミカルバランスの狂いだった。セロトニンが足りないからこれを増やせば鬱は治ると。しかし以来30年経ち、抗鬱剤で鬱、神経症が治ったなんて話は聞いたことがない。

素人ながら神経症がセロトニンで治るなんてそんなアホなと思っていたが、それが今ようやく結論がでた。鬱とセロトニンのバランスは関係がないと言う発表だ。それより長期に抗鬱剤を飲むと脳内のケミカルバランスが狂い、いざ服用をやめようとすると麻薬の離脱症状と同じような症状が出るらしい。

プロザックの販売は、オキシコンチンと呼ばれる麻薬入りの痛み止め販売に似ている。日本は政府が怪しい薬には目を光らしているがアメリカと言う国は原理資本主義の面があり、市場原理を100%認めてしまう。その結果、麻薬入りの痛み止めの販売を政府が許可して、多数の人たちが中毒になり、飲みすぎのため年間5万人の死者を出している。寿命が短くなってしまったのです。 プロザックの販売にも同じ現象を私は見る。


掲示板が間もなく終わること 投稿者:斎藤 投稿日:2022年 7月23日(土)11時07分36秒

代替掲示板を探していたのですが、まともなのが発見できなかった。掲示板の時代が終わったのだろうか。世に売り出されている他の掲示板の質の悪さに閉口して、7月31日をもってやめて、今日の言葉にします。

話は違いますが、Adblockの性能の良さには舌を巻いています。ほぼ100%広告を除去してくれて、今までのあの我慢は何だったのだろうと思う。逆に言うとグーグルはインターネットを飛び回るスパムメールとウイルスの除去と言う素晴らしい仕事をしてくれたが、宣伝に限っては金に目がくらみ視聴者の犠牲を平気で無視していたのに腹が立った。

広告除去前と後ではインターネットを見る疲れと言うか、鬱陶しさが80%向上と言う劇的変化があった。一つの会社に信頼がおけないのは、マイクロソフトで実証ずみだ。マイクロソフトがスカイプを買収して以後のスカイプが下品に堕落したのが一つ。

ウイルスバスターと言う会社があるがこれがトンでもない会社で私に毎日Eメールを送り付けて来た。ウイルス除去の会社がスパムを大量生産しているとは。しかもそれを停止させるのが大変。以後ESETに変えて全然迷惑メールが来ない。

マイクロソフトのワードだとか表計算ソフトなんかも悪質だね。10万円で売っていて、これをグーグルクラウドでやるとただじゃないか。もっともグーグルソフトには癖があって慣れるのに時間がかかった。



ホームページへ