英文翻訳のページ 2

ホームページ

翻訳ページ 1 2 3 4

コラム(記者がまとめた比較的長い読み物) 報告(学術報告を含む比較的短いもの)
  1. がっかりする抗鬱剤
    奇跡の薬と呼ばれていた抗鬱剤が殆ど偽薬の効果程度とは
  2. DNAは運命ではない
    エピジェネティックスが数世代に渡って遺伝形質を変化させる。
  3. 手術による治療の是非
    現代版ロボトミーの効果は
  4. 不安する脳(気質と変化)
    赤子の時に強い不安を感じるタイプは成長して神経症を発症する可能性がある。
  5. 安っぽいプラス思考
    幸せは全てでない。真実に盲目になる訓練はよそう。
  6. 生物学を変えるエピジェネティックス
    今までの医学、生物学、進化論を逆流させる遺伝学
  7. 悪循環を発生するのは脳自身
    我々がストレスを受けると繰り返し行動に走りやすい。
  8. 何処から狂いとするか
    ”精神疾患の分類と診断の手引第5版”の策定と困難
  9. 何故自分を切るか
    ある女性の自分を傷つけたい衝動に対する戦いと、診断について割れる専門家の考え
  10. 幸せする脳悲しむ脳
    70ヶ所以上の脳部分が参加している
  11. 自殺衝動
    自殺予防壁が効果がある。
  12. 僧侶の戦い
    仏教は心の科学とダライラマは説く
  13. 統合失調症に新薬の可能性
    グルタミン酸エステル薬が統合失調症の認識障害を治す
  14. 恋愛の科学
    人を狂わすロマンス。これは誰にも起きるのが読むと分かる
  15. 歪んだ心(強迫行為症候群)
    像を見る時の回路が健康な人と違う
  16. 人間のモラルについて
    何故大量殺人が起きるか脳から説き起こしている
  17. 超自然現象について
    人気記者シャロン・ベグリーの横顔もあります
  18. 奇跡の年
    2007年は遺伝学と生物学の革命の年
  19. 臨死体験を科学する
    REM催眠侵入が原因とする考えが登場
  20. 強迫行為
    強迫行為の最新の脳科学
  21. 次を決める潜在意識
    我々は意外と潜在意識に支配されている
  22. 何故アル中になるか
    アル中原因と治療の最新報告
  23. 脳は変化する
    経験は遺伝子にまで影響し、脳を変化させる
  24. カウンセリングの危険
    毒にも薬にもならないと思っていたカウンセリングが実は危険の警告
  25. 人類の祖先と進化 
    化石に代わって脳と遺伝子から進化が分る
  1. 鬱病は右脳皮質の薄化が原因か
    リスクグループでは右脳皮質が広範囲に渡って顕著に薄化していた。 
  2. 細胞自身による短期記憶保持
    脳前部の神経細胞は、それ自身1分以上の記憶を保持する
  3. 過食症女性の脳
    自己規制する脳の活動が弱い
  4. 決定は己の意思か
    判断を指令していたのは自分の意思ではなく運動野であった
  5. 境界領域者の脳の違い
    前帯状皮質の灰白質の密度が著しく低く、扁桃体の灰白質の密度が著しく高かった
  6. 躁鬱病とナトリウム、カルシウムバランス
    躁鬱病の発症にはイオンチャンネルが関わっている
  7. 統合失調症の発症原因に迫る
    遺伝子変異は親からもらったものではなく、自然発生したもの
  8. 最近の鬱病、躁鬱病の研究
  9. 経験による遺伝子の変化
    DNAの文字ではなく、化学的変化が起きる
  10. 鬱病発症と遺伝子相互間の関係
    遺伝子には鬱病を促進する遺伝子と抑制する遺伝子がある
  11. SSRIに代わる薬
    セロトニンのレベルを上げるのでなくある種の酵素を抑制する
  12. 即効性の躁状態治療薬の研究
    アミノ酸S845をあるタンパク質で攻撃する
  13. 母方の遺伝子変異と自閉症
    ある変異体を母からもらうと自閉症になりやすい
  14. 楽観と悲観は隣り合わせ
    吻側前帯状回が楽観的状態にも鬱状態にも関連している。
  15. ADHDは脳の成長の遅れ
    注意欠陥多動性障害の脳では
    前頭前野皮質の成熟に遅れが目立つ
  16. 統合失調症は脳の発達障害
    GAD1遺伝子の障害によるガンマーアミノ酪酸不足
  17. ストレスに耐える個人差
    BDNF蛋白を押さえるとストレスに強くなる
  18. 遺伝子操作でネズミに抜毛症
    グルタミン酸エステル系の傷害で強迫行為は起きる
  19. 統合失調症、躁鬱病を起すマイクロRNA
    いよいよ蛋白質をコードしていない遺伝子に研究が及んだ
  20. 不安の病理 最新報告
    セロトニン受容体1Aがないと曖昧な不安に適切対処できない
  21. 躁鬱病遺伝子
    躁鬱病に関連する遺伝子を網羅して調査
  22. 神経症者の脳の解剖学的違い
    神経症者では小さな3つの領域で灰色物質がそうでない人に比べて多かった
  23. 統合失調症と白質の変化
    2つの遺伝子の変異が白質を変化させ症状を起している
  24. 光で神経細胞をオン、オフ
    脳科学を進める新しい技法の可能性
  25. 記憶の移しかえ 
    深睡眠時に海馬から新皮質に移しかえられる。
翻訳ページ 1 2 3 4