英文翻訳のページ 4

ホームページ

翻訳ページ 1 2 3 4

コラム(記者がまとめた比較的長い読み物) 報告(学術報告を含む比較的短いもの)
  1. トロウマ記憶は抑圧されるか
    記憶とは何か、パニック障害を治せる可能性。
  2. 拒否される衝撃
    人は社会から拒否されると前部帯状回で痛みを感じる。
  3. 仏教は健康に良いか
    チベット仏教徒と一般の人を被験者にして瞑想の効果を脳の科学から研究している
  4. 自殺を多く出す家系の研究
    衝動的行動を起こさせる遺伝子がある可能性
  5. 人見知りする傾向は遺伝的形質
    2歳の時の性格と現在をブレインスキャンを使って調べている
  6. 遺伝か環境か
    タイムズ誌インターネット版から。プロモーターの発見により、今までの遺伝か環境かの論議を覆した
  7. 分裂病の幻聴とは
    ニューヨークタイムズから。幻聴の発生機構をより具体的に解明している
  8. 抑圧すべし
    ニューヨークタイムズから。トロウマセラピーに深刻な疑問を投げかけている
  9. 睡眠時随伴症(夢遊病)
    ニューヨークタイムズから。夢遊病の原因とは
  10. 説明を欲しがる脳
    我々は湧き起こる感情を実生活の何かに関連付けせざるを得ない
  11. 恐怖をコントロールする脳の小さな器官
    シアトルタイムズから
  12. 人間の感情とは
    レドックス博士は脳科学から感情を冷静に分析する
  13. 幼児虐待が脳に及ぼす影響
  14. 管理医療と認知療法
    (ワシントンポスト紙2002年9月3日号から)
    アメリカの認知療法を取り巻く環境を詳しくレポート
  15. ある精神科医の告白
    アメリカ精神分析の現状を痛烈に内部批判している
  16. タイム誌が発表した3組の画像説明(2002年8月17日号より)
    (a)脳が不安、恐怖を感じた時の情報伝達の仕組み
    (b)刺激に対する脳各部の反応
    (c)警戒態勢下の脳と体の反応
  17. 不安の科学タイム誌インターネット版より
    神経症とは警戒解除システムの作動不良であろう
  18. ペースメーカーによる鬱病の治療
  19. 十代の脳を探る
    3歳で脳の成長は止まっていない。十代でも活発に脳は変化している
  20. 脳内配線の組替え
    脳は驚くほど柔軟である。新しい回路を作って不可能を可能にする
  21. 前頭葉前部皮質と分裂病 アメリカ精神衛生局のホームページより
    サルを使った実験では分裂病には前頭前野皮質に問題が生じている
  22. 感情脳
    小脳扁桃がパニック障害で重要な役割をしている
  23. 1990年代の神経伝達物質の研究ーセロトニン
    ロナルド・ボーン博士による神経伝達物質の論文
  24. 摂食障害克服会議
    サッカー博士を囲むインターネット会議
  25. アメリカの神経症関連ホームページから
    今のアメリカの治療の現状が見えてくる。殆ど効果が無い療法のパレードになっている
  26. ニューズウィーク誌1998年1月26日号から
    SSRIの人気が高まった頃の記事であり、新しい精神科学を見つめている
  27. 強迫行為に関するインターネット会議
    サクセナ博士を囲むインターネット会議
  28. 性格遺伝子・・・タイム誌1998年4月27日号から
    ハマー博士の性格を決定する遺伝子の研究
  29. インターネットオンライン会議「拒食症とその回復への道」
    ステイシー(患者)を招いてのインターネット会議
  30. インターネットオンライン会議「パニック障害」
    自身がパニック障害であり、又治療の権威であるシプコ博士を招いてのインターネット会議
  31. インターネットオンライン会議「多人格症」
    人格統合不一致の患者を招いてインターネット会議
  32. インターネットオンライン会議「境界領域人格障害」
  33. 痩せていく女優・・・タイム誌1998年11月23日号から
  34. 遺伝子供給源へ・・・ニューズウイーク誌1998年12月28日
  1. 躁鬱病と自殺の危険度
    35歳以前、発病7ー12年後、入院後2年が最も危険
  2. 神経症遺伝子の発見
    短いタイプの遺伝子が不安と関係がある。するとプロザックの理論と矛盾する事になる
  3. 分裂病遺伝子の発見
    2つの重要な遺伝子が発見される。両者ともシナプス中で神経伝達に関与するものである
  4. 強迫行為、麻薬依存の原因一部解明
    前部帯状回皮質の機能不全が原因かも知れない
  5. ファイザー社神経症新薬を発表
    名前はプレガバリン。本来は抗癲癇薬。依存性が少なく即効性がある
  6. 何故PTSD(心的外傷後ストレス障害)のおきやすさが人によって違うのか
    ある種の脳内神経受容体の数がその違いを作っているとの報告
  7. 禿げ、ニキビはストレスホルモンの分泌と関係がある
    パニック時に分泌されるホルモンが禿げ、ニキビを作るかも知れない
  8. 魚脂肪から作られた抗鬱剤の登場
    魚は心臓病ばかりでなく鬱病予防にも良い
  9. 軽い鬱は寿命を延ばす
    最新の報告では年配女性の軽い鬱はむしろ寿命を延ばす事が分かった
  10. 分裂病遺伝子は第一染色体上には発見されなかった
    分裂病遺伝子を求めて鋭意遺伝子ハンティングが繰り広げられている
  11. ニューズウィーク 2002年4月8日号から
    分裂病患者が幻聴を聞いている時のPETスキャン
  12. 神経症の原因は胎児にさかのぼる
    マウスを使った実験では胎児の時に神経症の原因がさかのぼる
  13. 禁酒がアル中患者に与えるマイナスの影響
    禁酒が返って脳の中の扁桃体に障害を起こし表情の認識に混乱を与える
  14. 人は何故気分がすぐれないのであろうか・・BBCより
    腹側正中前頭前野皮質と言われる部分の過剰活動が原因らしい
  15. 躁鬱病とパニック障害の遺伝子は同じ
  16. 鬱病の原因の再考
  17. 拒食症遺伝子
  18. 脳の萎縮予防をするヨーロッパの新薬
  19. 神経症遺伝子の発見
    バルセロナ大学が遺伝子二重複写部分の遺伝子変異が神経症を引き起こすと発見
  20. 遺伝子変異がアル中の原因
  21. 自閉症の原因
  22. 人間ゲノム会議より
  23. 分裂病とウイルスの関係
  24. 夢と鬱病の関係
  25. 自殺の原因は遺伝子にある可 能性
    自殺企図とトリプトファン水酸化酵素遺伝子に関連があると言うショッキングな報告
  26. 内向性外向性の真の違い
    内向性と外向性の真の違いを比べている
  27. 脳から見た内向性と外向性の違い
    PETスキャンを使った外向性の脳と内向性の脳の違い
  28. 大人の脳に新しい可能性
    大人の脳でも神経細胞が新しく作られている事実の発見
  29. 神経症遺伝子の発見
    長いタイプのセロトニン搬送遺伝子が神経症の原因になっている可能性
  30. ギャンブル中毒の脳
    ドーパミン受容体を作る遺伝子とギャンブル中毒の関係
  31. フロイトの夢分析と現代科学
    夢分析から無意識の世界が分かると説いたフロイトと現代の夢に対する認識
  32. 強迫行為の脳画像
    明かに違う神経症脳の動作を示しています
  33. 強迫行為への対処の仕方「Brain Lock」より
    斎藤宛てのアメリカからのEメイルを翻訳
  34. セロトニンの役割
    セロトニンの役割を図を使って説明
  35. 食事障害と化学物質の関係
  36. 摂食障害の遺伝との関係
翻訳ページ 1 2 3 4