英文翻訳のページ 3

ホームページ

翻訳ページ  1 2 3 4
コラム(記者がまとめた比較的長い読み物) 報告(学術報告を含む比較的短いもの)
  1. 現代アメリカ鬱事情 
    男は診断を拒否する。最近はSSRIから新しい抗鬱剤の開発に向かっている
  2. 意識の謎
    易しい問題、難しい問題としての意識
  3. 英雄行為
    ニューヨーク、マンハッタンの地下鉄で飛び込んで人を助けた話
  4. 拒食症派サイトについて
    アメリカで流行っている拒食症を慰めて正当化するサイト
  5. 最近のヒステリー解釈
    ヒステリーを最近余り聞かない。現状を報告する。
  6. 吃音治療薬を求めて
    アメリカは積極的に薬にチャレンジしているのが分かる
  7. 待つ不安
    胃カメラを飲む不安の対処法
  8. 今も生きるフロイトの影響
    フロイトは全てに間違っていた。しかし未だ影響力は残る
  9. 決断と無意識
    無意識は決断する時に重要な役割をしている
  10. 催眠術を受けた脳
    催眠下ではトップダウンの情報処理がボトムアップのそれより上回る
  11. 脳スキャンで鬱が見えるか
    心の病を捉えるにはまだまだ困難が続く
  12. もう1つの脳
    神経症的下痢に悩んでいる人には納得が行く
  13. 激しい恋を脳科学する
    恋は飢え、咽喉の渇きの癒し、薬物への渇望に近い
  14. 拒食症の原因
    脳のある部分の血流量が低いとの報告
  15. シャイの謎
    シャイ(内向性)を科学する
  16. 脳の再起動
    磁気照射で重度の鬱病の治療に成功
  17. 恋わずらいの脳
    恋の激しさは麻薬中毒の脳に似ている
  18. 記憶改善薬の開発
    記憶のメカニズムはここ迄分かっている
  19. 心のミステリー
    プロザックを主とするSSRIを鋭く警告している
  20. 若者の突飛な行動を起こさせるものは何か
    fMRIを使った最先端の研究がそれを説明する
  21. 記憶を消す事ができるか
    PTSD研究の最先端を紹介する
  22. 心理療法への疑い
    ロールシャッハテストまでも疑い始められている
  23. 精神分析は死んだ
    アメリカでは精神分析は既にこれほどまでに信用を落としている。
  24. 臨死ケアー
    我々はその時どう対処すべきか
  25. 最近の脳スキャンの現状 
    分裂病の原因と難読症の原因が報告されている
  1. 連鎖球菌と強迫行為の関係 
    小児性強迫行為は連鎖球菌の感染による症状
  2. 強迫行為とグルタミン酸エステル搬送体遺伝子の関係
    強迫行為遺伝子の捜索はかなり狭まっている
  3. 注意欠陥多動性障害と脳の変化
    脳前部皮質が薄くなっていた
  4. 手術による神経症治療
    副作用が強い事が判明
  5. 強迫行為遺伝子の発見
    人間ゲノムからその位置が特定された
  6. 脳細胞に刻まれた傷
    鬱状態を治す難しさ
  7. 予期せぬ神経症遺伝子
    酸化ストレス代謝も不安発生に絡んでいる
  8. トゥレット症候群を発症させる遺伝子の発見
    トゥレット症候群にもジャンクDNAが関わっていた
  9. 恐怖の記憶形成
    恐怖の記憶形成には前頭前野皮質も関連していた
  10. ジャンクDNAが我々の性格を決めるか
    遺伝子が長いタイプか短いタイプかで我々の性格が決まる
  11. 短い遺伝子と弱い感情制御回路
    神経症的抑制の効かない不安反応の原因究明
  12. 安心感
    神経症を起こすのは恐怖の回路だけではない。安心回路が不全である可能性
  13. アメリカ国立衛生研究所(NIMH)の研究発表から
    パニック障害では脳の3部分でセロトニン受容体の数が3分の2に減少している
  14. 強迫行為遺伝子の発見
    ヒトセロトニン搬送遺伝子(hSERT)の変異体が原因と見る
  15. 分裂病と躁鬱病が同じ遺伝子を共有している可能性
    ミエリンと言う神経の絶縁体を作る物質に問題が生じているのでは
  16. 躁鬱病遺伝子の発見
    GRK3遺伝子のスイッチ部分に欠陥がある
  17. 神経症と胃潰瘍の関係
    最近の調査では神経症者は胃潰瘍になる確立は2倍以上
  18. 恐怖を学習する遺伝子の発見
    新しいタイプの神経症治療薬が開発される可能性がある
  19. 膏薬タイプの抗鬱剤研究
    ニューヨークタイムズより。副作用が無いMAOI
  20. 前頭前野皮質が不安を解消する
    ネズミの実験によると前頭前野皮質を刺激すると恐怖の条件ずけが外れる
  21. 複数の病気から成り立つ分裂病
    分裂病には3つのタイプがあり、それぞれ違ったスキャン結果を示している
  22. 躁鬱病の脳
    タイム誌インターネット版より。脳の内部がどのように反応しているか大きな画像で説明している
  23. ドモリと脳の障害
    左半球言語野のタイミングのずれが原因であろう
  24. 犯罪を起こすのは幼児虐待か、あるいは遺伝子か
    MAOA(モノアミンオキシダーゼA)と呼ばれる遺伝子の活性が弱いと過去の虐待が犯罪を引き起こす確率が高い
  25. 新しいダイエット薬、拒食症治療薬の可能性 
    問題のダイエット薬フェンフェンが切り開いた理想の食欲抑制剤と過食症治療薬の可能性
翻訳ページ 1 2 3 4